スリランカ好きがつくった【コロンボ観光】半日おすすめコース!

スリランカの街コロンボの様子
LINEで送る
Pocket

 

コロンボはスリランカ最大の都市。

そしてスリランカ各地への観光拠点ですが…

逆にコロンボ自体を楽しむ時間を、なかなか取りづらいところでもあります。

とはいえ、グルメと買いものに関して、コロンボはやはりスリランカ1。

スリランカから日本へ帰る夜フライトまでたっぷり時間があります。

そんな帰国前の時間を使って楽しむ濃縮観光コースを、スリランカに毎年連続5回通いつめたワタシがつくってみました。

まずは、半日を目安のベーシックコースから。

すべてのおすすめスポットに目安の所要時間をつけたので、ベーシックコースに自分の興味でオプションをくわえてみてください。

自分だけのコロンボ観光ルートをつくると、目的もはっきりして楽しいです!

コロンボ半日観光おすすめコース

コロンボおすすめ観光コース図

コロンボ観光のベースを〝見る〟〝買う〟〝食べる〟〝体験する〟から、ひとつずつおすすめNo.1を選びました。

上の図のグリーンで囲んだスポットです。

これがコロンボ観光ベーシックコース。

移動時間もふくめて半日で楽しむ設定です。

まず、このおすすめ4スポットをご紹介します。

仏教国スリランカのモダン寺院 [所要30分]

スリランカの世界遺産寺院を回った後でも楽しめます。
世界中のリゾートにある、水平線にドロップオフする「インフィニティプール」考案者、ジェフリー・バワ設計のお寺。
モダンで心地よい都会のオアシスは必見です。
詳細はコチラ→【シーママラカヤ寺院 】でホッとひと息のコロンボ観光【スリランカ】
シーママラカヤ寺院の外観画像

地元の市場は楽しオモシロ [所要1〜2時間]

市場は世界中どこで行っても楽しい場所。
コロンボの市場はアメ横とカッパ橋、秋葉原をごっちゃにしたような楽しさです。
大きなモスクもあって、アラブな香りもちょっとするエキゾチックな市場へGo。
詳細はコチラ→スリランカの【ペター市場】サリーからバナナまであるごった煮感が面白い!
スリランカのペター市場のディスプレイ画像

グルメなら外せないスリランカ・カニ! [所要1〜2時間]

有名な「シンガポール・クラブ」、じつはスリランカのカニなんです!
ジューシィなカニをいろいろな味つけで食べられるレストラン。
レストランのある「オールドダッチ・ホスピタル」には、おすすめ小物雑貨やお洒落カフェもあるので便利です。
詳細はコチラ→スリランカでグルメといえばカニ!【ミニストリー・オブ・クラブ】に行くべき
スリランカのカニの画像

スリランカといえばのアーユルヴェーダを[所要2時間]

なんといっても人気のアーユルヴェーダ。
でも半日じゃ、アーユルヴェーダを試すには時間が足りません。
「スパ・セイロン」で本場の〝感じ〟をちょこっと味わい、フライト前にシャワーを浴びてさっぱりするのがおすすめです。
詳細は→スリランカのコロンボで、アーユルヴェーダの〝感じ〟をちょこっと味わう
アーユルヴェーダの道具画像

 

以上が、コロンボ半日観光ベーシックコースです。

見て、買って、食べて体験! のコロンボ。

最後のアーユルヴェーダを「ミニストリー・オブ・クラブ」のある「オールドダッチ・ホスピタル」内の「スパ・セイロン 」にすると、さらに時間に余裕ができます。

もっといろいろ回りたいという人は、これからご紹介するオプションをつけてみてください。

もろもろメンドウという人は、日本語ガイド付き専用車で市内を自由に回れる現地ツアー利用もアリ。
2名で1万円はリーズナブル!
シギリヤロックやゴール日帰りもできます
→現地ツアーの詳細を見る

コロンボ観光に+αをくわえる

スリランカ航空の直行便で日本に帰る人は19:15発なので、朝からベーシックコースを回って空港に向かう感じ。

(もちろんベーシックコースの内容を+αに変えるのも自由です)

経由便の深夜フライトで帰る人は、チェックアウトの時間までホテルでゆっくりするのもアリ。

で、もっと行動したい!

時間があまってる! という人は、ベーシックコースにそれぞれの興味ある場所をプラスしてください。

バワが気になったら、彼の家に行ってみる [所要1〜1時間半]

バワの事務所兼自宅画像

上でご紹介した「シーママラカヤ寺院」で、バワが気に入ったなら、彼の終の住処を訪れるのがおすすめ。

彼が設計したホテル同様、てらいのないシンプルで住みごこちのよさそうな家は、とってもインテリアの参考になります。

もちろん、置いてあるもの、ときには壁一面がアンティークだったりで…

そうそうマネできないものもありますが。

センスは盗めます。

バワ好きなら、この家に泊まることもできます!

【バワの家を見るには事前の予約が必要】
時間の決まった、約40分の見学ツアーが組まれています。
月〜土曜:10時・14時・15時30分
日曜:10時
料金:1,000スリランカルピー(約700円)
予約:E-mail:admin@gbtrust.net / phone: 011-433-7335
問い合わせ: →GEOFFREY BAWA TRUST:

さらにバワを極めるなら、↓の+αショッピングでご紹介する雑貨店に出かけてみて。

仏教美術が好きなら、国立博物館がおすすめ [所要2時間〜]

 

Day 12: Rummaged round some old tings #colombomuseum #nightatthemuseum

Kavinda Dissanayakeさん(@kavlar95)がシェアした投稿 –

19 世紀末に建てられた「コロンボ国立博物館」は、コロニアルな建物の雰囲気もいいのでおすすめ。(ワタシが行ったときは改修工事中でイントレが組まれてました…残念)

とくに仏像のコレクションは目を見張るもものがあります。

2008年に東京国立博物館に展示された美しい仏像の多くが、このコロンボ国立博物館に展示されています。

仏像好き必見。

(当時日本で開催された展覧会の案内ですが、日本語で読めるスリランカ美術史として参考になるのでどうぞ→東京国立博物館の告知記事

ワタシは更紗(さらさ)が大好きなので、古渡り更紗の展示に魅せられました。

数は少なかったですけど、美しいものばかり。

アカデミックなコロンボ観光です。

→コロンボ国立博物館の公式サイト

*冷房がないので、暑い日はちょっとキツいかも

もう1食コロンボで食べるならカレー [所要1〜2時間]

スリランカカレーの画像
フライトによっては2食コロンボで食べるということも。
ならばやっぱり、本格的スリランカカレー
地元のスリランカの人たちにも人気の「ウパリーズ」がイチオシです。
お洒落な店ではないですが、本場感が味わえておいしい。
詳細はコチラ→スリランカカレーを極めるなら!コロンボの【ウパリーズ】でジモティと食べよう

コロンボ観光ではもっと買いものがしたい

女子はとくにショッピングに時間を割きたい。

ましてスリランカが宝石で知られる国で、センスのいい雑貨がたくさんあると知ったら…

眼がキラリンですよね。

ベーシックコースでおすすめした「ペター市場」をスキップしてでも行きたくなるかも…

スリランカは、宝石が、じつは有名 [所要2〜3時間]

スリランカの宝石画像

ダイヤモンド以外のプレシャスストーン(貴石)はなんでも産出。
質もよくて、英国王室もスリランカで宝石を購入しています。

スリランカ観光おすすめ10。世界遺産〜占い・カレー・紅茶・アーユルヴェーダまで【最新】

というわけで、コロンボには質の高い宝石が集まっています。

おすすめのお店は、まず「Sifani(シファニ)」

インターナショナルなお店でロンドンにも支店があり、超高級ホテルにも商品を出しています。

半貴石(セミプレシャスストーン)で探せば、高額でないものも。

もちろん、上を見ればキリはありません。

→シファニのサイト

もう1軒は、地元のマダム御用達の「Raja Jewellers(ラジャ・ジュエラーズ)

ツーリスト相手のお店ではないので、品揃えが豊富で、コスパが高い!

ただ「シファニ」にくらべると、デザインの好みが分かれるところかも。

それでもインターナショナル・ブランドのデザインを意識したものもたくさんあるので、じっくり探すことです。

→ラジャ・ジュエリーズのサイト

【ガイドさんと宝石店に行く場合】
スリランカに限らず、ガイドさんには宝石店側からのキックバックがあります。
そうしたことに腹をたてるよりも、ガイドさん懐柔策という方法もあると考えてみて。
「もし安く買えたらチップを払うので、買物の味方をしてね」と申し出てみましょう。
スリランカ人同士の仲間意識が強いに決まっていますが…
スリランカの人って基本やさしいので、意外に味方してくれます。
(これが中近東だと一筋縄では行きませんが)
気持ちよく買物するコツです。

スリランカのお洒落小物は、バワ関連多し [所要1〜2時間]

パラダイス・ロード内観画像

ちょっと意外といったら失礼ですが…

スリランカにはお洒落な生活雑貨が多いです。

英国などの植民地だった歴史もあり、移住しているヨーロッパ人が多い影響もあります。

なにより多大な影響を与えているのが、国民的な建築家のバワの存在。

バワのお弟子さんたちも活躍していますし、バワといっしょに作品をつくり上げたアーティストたちも活躍しています。

雑貨を探すのにおすすめのお店は、まず「パラダイス・ロード」。

かつてバワがオフィスとして使っていた場所が、ギャラリー&カフェになっています。

部分的にですが、バワらしさが感じられる空間も遺っているので、バワファンは必見です。

隣接したショップに、モダンだけどスリランカテイストの生活雑貨がすらりとそろってます。

ここはゴハンも、おいしい。

→パラダイス・ロードのサイト

もう1軒は「ベアフット」。

バワとよく仕事をしたテキスタイル・デザイナー、バーバラ・サンソーニのお店です。

ファブリックのほか洋服もありますし、地方のクラフトワークも扱っています。

ここにもカフェがあるので、買物疲れのに一杯のお茶を飲むことができますし、じつはここもゴハンが、おいしい。

→ベアフットのサイト

スリランカ好きからのアドバイス的まとめ

スリランカは九州よりちょっと大きい島国。

各地に点在する世界遺産に目がいきがちですが…

最大の都市であるコロンボもまた、かなり面白いので、ぜひ観光を。

どの航空会社を選んでも日本へのフライトが夜になるので、帰国前日にコロンボに泊まって、帰りのフライトまで楽しむのがおすすめです。

スリランカの見る・買う・食べる・体験するをぞんぶんに楽しんで、帰国してください。

自分で考えるのがメンドウだという人は…

現地ツアーを利用するのも方法です。

スリーウィラー(トゥクトゥク)で回る半日ツアーなんてのもあって、けっこう楽しそ→ツアーの詳細を見る

 

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

 

→エアチケットを調べる

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!