スリランカでグルメといえばカニ!【ミニストリー・オブ・クラブ】に行くべき

スリランカのカニの画像
LINEで送る
Pocket

スリランカで食事をするとなれば、まずはカレー。

インドカレーを超える強烈な辛さで、とても刺激的です。

で、日本同様の島国なのでシーフードもおいしい。

とくにラグーンで育った「スリランカ蟹」は有名で、ことのほかジューシー。

高級食材としてシンガポールやマレーシアに輸出されてます。

そんなカニを食べるなら、絶対ハズレなく、おいしく食べたい!

ならばというわけで「ミニストリー・オブ・クラブ」をご紹介します。

お洒落なオールド・ダッチホスピタルでグルメ

オールド・ダッチ・ホスピタルの外観画像

「ミニストリー・オブ・クラブ」があるのは、大統領官邸もあるコロンボのフォート地区というエリア。

人気市場のあるペター地区が下町なら、こちらは官庁街といった地区です。

(ペター市場の記事はコチラ→スリランカの【ペター市場】サリーからバナナまであるごった煮感が面白い!

「オールド・ダッチホスピタル」は文字通り、オランダ植民地時代の病院。

18世紀のクラシックな建物をリノベートして、ショッピング街にしたところ。

コロンボで時間がないときは、この「オールド・ダッチホスピタル」

に行くだけで、楽しい雑貨が買えて、おいしいものが食べられる便利なところです。

(ちなみに南西の街ゴールにも「オールド・ダッチホスピタル」はあります→ゴールのオールド・ダッチホスピタル

ミニストリー・オブ・クラブ店入口画像

完全リノベーションなので、クラシックな雰囲気はのこってますが、快適なつくり。

テラス席もあります。

スリランカカニは重さで、味つけはお好みで選ぶ

ミニストリー・オブ・クラブのメニュー画像
ミニストリー・オブ・クラブのサイトから

「ミニストリー・オブ・クラブ」では、カニは重さで選びます。

中くらいのサイズで800g=6,000Rs(約4,000円)。

味つけはチリ、ガーリック、カレー、ペッパーバター、焼きガニやショウガ蒸しも頼めます。

匂いといい、やっぱりガーリックは外せない…

でも、その日に水揚げしたカニだけを使うという新鮮さなので、焼きガニも捨てがたいという感じ。

なんせシンガポール名物「チリ・クラブ」のカニは、みんなスリランカから輸出してるもの…

うまくないわけがナイ。

いろいろと試したくなるので「ミニストリー・オブ・クラブ」には、できるだけ大人数で行けるといいと思います。

食事前。オープンキッチン見ながらヨダレを我慢

ミニストリー・オブ・クラブの食材画像

店内はオープンキッチンだから、おいしそうな匂いがプンプン。

カニだけでなく、活きのよいシーフードがずらり揃っているので、これはもうたまりません!

ミニストリー・オブ・クラブの店内画像

古い建物なので天井が高く、調理の煙は客席にはきませんが…

匂いの誘惑だけは強烈。

ついつい食べたくなって、いろいろ注文しちゃうので要注意です。

この「ミニストリー・オブ・クラブ」、あれよあれよと有名店になってしまい「世界のベストレストラン」のアジア部門スリランカのNo.1。

でもカジュアルなお店なので、手づかみOK。

日本人ハーフのオーナーなので〝食材は新鮮さが命〟と〝手でむしゃぶりつくのアリ〟です。

感想的まとめ

スリランカの物価を考えたら、決して安いレストランではありません。

でも、シンガポールでチリクラブを食べると考えたらリーズナブルだし、素材を生かした食べ方は日本人の口に合います。

だから、スリランカカレー以外を食べたいなと思ったら、真っ先に「ミニストリー・オブ・クラブ」でカニを食べることをおすすめします。

 Ministry ofCrab  ミニストリー・オブ・クラブ
 住所  4 Old Dutch Hospital, Colombo 01

 URL  http://www.ministryofcrab.com
 営業時間  12時〜16時・17時〜23時(2時間入替制) ポヤ・デー(満月祭)休み 
 予算の目安 4,000円〜
 電話番号 011-234-2722  要予約
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す