バンコク・スワンナプーム空港ラウンジ。プライオリティパスならオマーン航空!【タイ】

バンコク空港
LINEで送る
Pocket

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港は、アジアでも有数のハブ空港です。

だから、プライオリティパスで使えるラウンジは11ヶ所もあります。

中でも「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」「ミラクル・ラウンジ」というミラクル系が多い。

でも、このミラクル系、基本古いのでおすすめしません。

中東の「オマーン航空のラウンジ」がけっこう使える〝おいしい〟ラウンジだったので、イチオシです。

2017年の秋に加入した「エールフランス&KLM航空のラウンジ」よりも、食の好みによりますが、ワタシにはよかったです。

個人的には、JALの「サクララウンジ」やタイ航空の「ロイヤル・シルクラウンジ」よりもおすすめです。

世界中の空港でラウンジが使えるプライオリティパスについては、コチラの記事をお読みください→プライオリティパスとは何?〜 使い方・無料入手方法まで 

記事後半で、プライオリティパス以外の航空会社のラウンジについてもご紹介しているので、気になる方は、後半もどうぞお読みください。

ミラクル系ラウンジは名前が変わっただけ

混乱している人も多いと思うので、整理しておくと、「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」「ミラクル・ラウンジ」というミラクル系は、元「Louis Tavern(ルイス・タバーン」という名前でした。

「クリップ・ラウンジ」と呼ばれていた時期もありました。

2017年にはすべて「ミラクル」に名前が変わっているので、ご注意ください。

プライオリティパスで入れる航空会社系ラウンジ

オマーン航空ラウンジ入り口

スワンナプーム国際空港で使えるラウンジは11ヶ所ありますが、万国共通の基本〝航空会社系ラウンジが優秀〟は、バンコクの空港でも当てはまります。

(空港のラウンジについてはコチラの記事が参考になります→航空会社のラウンジだって使える!クレジットカード選びは海外利用を考えて

で、プライオリティパスで入れる航空会社系ラウンジは、「オマーン航空のラウンジ」「エールフランス&KLMのスカイラウンジ」の2つ。

残りはすべて、ミラクル系ラウンジです。

 

で、まず「オマーン航空のラウンジ」をご紹介。

ゴハン、かなりオイシイ。

小さいけど、おいしいオマーン航空のラウンジ

オマーン航空ラウンジ内観

じつはワタシ、ただいま絶賛行きたい国No.1がオマーンです。

アラブでUAE同様安全で、観光が楽しめる国。

古い歴史のある国なんで、とても興味があります。

と、そんなオマーン愛に満ちて向かったのでしたが…

ラウンジが閉まるまで1時間もなかったからか、受付嬢に、冷たくいわれてしまいました。

「混んでるから、座るとこナイ。

もうすぐ最終便飛ぶし」

でも、ダメといわれると、ますます入りたくなるのが人情。

向こうも、絶対ダメとはいえないので、シブシブ入れてもらいました。

が、シャワーは? なんて聞いてみたところ…

目をムいて

「1つしかない。

ダメ。ムリ」

ワタシのオマーン愛は一方通行のようでした…カナシイ

でも、無理いって入って、正解!

居心地満点でした。

オマーン航空ラウンジ内観

ま、たしかにこぢんまりとはしてます。

で、コンセントも全席バッチリ装備ではありません。

でも、明るいし、きれいだし、なんかちょっと豪華。

受付のお姉さんの感じの悪さを払拭してくれる雰囲気です。

ポイントの食べものはというと…

ラウンジのアラブの食べもの

アラブ的大好物の「フムス」があります!

これだけでワタシ的には得点高しです(フムスはヒヨコ豆をペースト状にして味つけしたもの)。

つまみにもOKですし、ベジタリアンにも人気の食べものです。

隣の「ムタッバル」ははじめて食べましたが、ナスのディップ。

散らしたイチジクと合ってて、これまたヘルシーな一品。

揚げもの系もあります。

名前がわからなかったのですが、左のコロッケっぽいのは、中にグリーンピースが入ってて、おいしかったです。

そのほかパスタもありました。

パスタ自体もそんなに茹ですぎではなく、合わせたブロッコリーの茹で加減もバッチリで、こちらも得点高いです。

ビールとトムヤムクン

受付のお姉さんに急かされた動揺が…

傾いてるビール、泡多すぎ。

でも左のフムス、うまい!

右のトムヤムクンはちょっと煮詰まってて、パクチーの色がすっかり変わっちゃってましたが…

でも、ラスト・タイフードってことで。

イスラム教国ですけど、お酒もふんだんに置いてありました。

ただ、残念なのが、営業時間が朝の5時〜20時30分。

早朝から開いてますが、ちょっと早く終わってしまいます。

プライオリティパス追加ラウンジ最新情報

バンコク・スワンナプーム空港
コンコースFに向かうと即、看板が!

「オマーン航空のラウンジ」をホメちぎりましたが、新しく追加されたエールフランス&KLMのスカイラウンジ」は、2017年10月19日オープン。

新しいので期待がもてます。

330平方mと広く、ホットミールもそこそこあるようで、評判はまずまずのもよう。

シャワールームも広いらしく、新しいので快適だろうと予想。

しかも、24時間営業

で、チェックしてきました!

場所は、コンコースFです。

結論からいうと、見栄えはいいけどさほどではない。

でした。

バンコク空港のエールフランス&KLMのスカイラウンジ

エールフランス& KLMのラウンジ内観

新しいので、快適ではあります。

コンセントもふんだんに設置。

使い勝手ヨシ。

で、ホットミールもふんだんなのですが、エールフランス&KLMのスカイラウンジ」と思ってラインナップを見ると…

エ?

というほど、アジアです。

ラウンジの料理、中華まん
ノッケに登場の中華まん!

悪いわけではないですが。 

ピザやパイ、パスタもありますし。

ラウンジの料理のピザやパイ
ピザはやはりどこでも人気
ラウンジのカップ麺
3種類もカップ麺があるのは得点高し

人気のカップ麺もあれば、もちろんビールなどのドリンクもしっかり揃ってます。

タイスイーツも充実。

でも、なんかなぁというのは、うすら暗い照明のせいです。

「オマーン航空のラウンジ」が明るかったので、よけい気になりました。

そして、広いとの評判でしたが…別にって感じ。

さらには、シャワールームも広いとの評判でしたが…これはハッキリ狭かったです。

2室あったので、1室は広いのかもですが…いままででイッちゃん狭かった…

ほぼタタミ1枚ぶん。

まぁ、十分な広さではあります。

すごく快適とはいかないですが。

で、シャワーもドライヤーも固定なので、快適ではないです。

そして貸し出されるのはバスタオル1枚のみで、使用後は自分で返却。

このあたりは、食事と違ってヨーロッパナイズされた感じ?

合理的です。

でも、段差がなくてバリアフリーでいいなぁと思っていたら…

シャワーエリアに行くのに2段の段差という、チグハグさではありました。

ラウンジの外観
KALのラウンジとしても使われています

このラウンジは、デルタ航空やKAL、ベトナム航空などなどが加盟する「スカイチーム」のラウンジとしても使われてます。

プライオリティパスなら迷わずオマーン航空ラウンジ

バンコク空港の地図

というわけで、プライオリティパス・ホルダーなら迷わず、「オマーン航空のラウンジ」に行け! です。

そのくらい食事情がよかったです。

ただ、やはり残念なのが、営業時間が朝の5時〜20時30分。

早朝から開いてますが、ちょっと終わるのが早い。

で、ワタシは近くの「ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ」に行って時間をつぶしましたが…

まぁ、乾いたサンドウィッチくらいは食べられました。

でも「オマーン航空のラウンジ」は、ハシゴすることになってでも、行くのをおすすめできるくらいよかったです。

場所は、コンコースE。

ミラクル・ラウンジ外観

ミラクル系のラウンジを使うのであれば、コンコースDにあるラウンジが広いので使いやすいです。

外観はきれいになっていたので、中も変わっている可能性アリ。

次回、チェックしてきます!

ちなみに、プライオリティパスを手に入れたい方は、コチラの記事をお読みくださいプライオリティパスとは何?〜 使い方・無料入手方法まで 

手っ取り早く、無料(初年度)でゲットしたい方は→楽天プレミアムカード

以下、JALやANAなど他の航空会社のラウンンジについてもちょっと、ご報告します。

本拠地であるタイ航空のラウンジについては、長くなるので別の記事に書きますネ。

スワンナプーム空港のJALラウンジが楽しみでしたが…

バンコク空港の時間表示

2017年の3月にリニューアルオープンした、JALのサクララウンジを楽しみにしてました。

が、チェックインの段階で、ちょっとヤな予感が…

羽田行きのJL34便は、21時55発。

搭乗手続きは3時間前から開始と聞いてたのに、微妙に遅い。

わずか15分の違いじゃんと思いますよね。

でもラウンジ・ウォッチャーとしては、この15分はイタい。

しかもJAL便はこの後23時発の大阪行き、00時5分発の名古屋行きと続々です。

で、なんか空気が…違う

チェックイン待ちの行列

そう。

周囲すべてオヤジ一色。

バンコクは出張族が多いとは聞いてましたが、これはこれは…

特別オヤジが嫌いなわけではありませんが…夜のオヤジ → 何人か連れ → 酒入る、この公式、好ましくないパターンです。

ほんと、日本男子、気をつけましょうね。

酒が弱いなら、呑むな!

と、脱線しました。

JALのラウンジを使われる人はこちらに地図があります→JAL公式サイト

バンコク空港ANAのラウンジ事情は?

エバー航空ラウンジ入り口

ちなみに、ANAの場合はどうでしょうか。

こちらは「スターアライアンス」なので、なんといってもタイ国際航空のラウンジが使えるのが大きいです。

予約はできませんが、ビジネスクラスならフットマッサージ、ファーストクラスなら全身マッサージが受けられます。

上の写真は、エバー航空のラウンジですが、ここもかなりいいラウンジと評判です。

台湾なだけに点心はあるわ、タイだからグリーンカレーやトムヤムクンもあるとのこと。

「スターアライアンス」なのでANA、OKです。

営業時間も6時〜3時30分(月・火・木・土曜)、6時〜2時30分(水・金・日曜)なので、バッチリ。

 

JALの場合も乗り継ぎで、早い時間に空港内にいられれば、同じワンワールドグループで、ラウンジに力を入れてるキャセイ航空のラウンジが使えるので、おすすめです。

人気のヌードルバーには坦々麺のほか、タイならではのパッタイが用意されてます。

ただ残念ながら、フライトの関係で営業時間が、4時〜18時20分。

バンコク発の夜便で帰国する場合は、使えません。

タイ・スワンナプーム空港のラウンジまとめ

バンコク空港の地図

バンコクのスワンナプーム国際空港は横長の空港で、7つのコンコースに分かれています。

出国審査を出てすぐのフロアは4階。

ラウンジは3階にあるので、エスカレーターを見つけたら早めに3階に降りるのがよいです。

逃すと、けっこう先まで下る手段がナイということもあるので。

プライオリティパスで入れるラウンジのおすすめNo.1の「オマーン航空のラウンジ」コンコースG

その次におすすめのエールフランス&KLMのスカイラウンジ」コンコースFになります。

両方とも、出国審査を出て右方向です。

 

*プーケットの空港についてはコチラの記事が参考にしていただけます↓

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!