【最新】プーケット国際空港のラウンジ。プライオリティパスでも注意

プーケット空港
LINEで送る
Pocket

2016年9月16日に、新しい国際線ターミナルがオープンしたタイ・プーケットの空港。

バンコクでトランジットしてそのまま日本に帰る場合は、こちらの国際線エリアでチェックインします。

(ほかシンガポールやクアラルンプール経由なども同じ!)

が、これちょっと条件があるので、詳しくご紹介です。

 

同じ敷地に国内線エリアもあるので、バンコクに立ち寄る人はそちらへ行きます。

 

で、いずれのラウンジ、プライオリティパスのラウンジも新しいので快適です。

*プライオリティパスについてコチラを→プライオリティパスとは何?〜 使い方・無料入手方法まで 

プーケット空港国際線ターミナルに行く人は?

プーケット国際空港内

空港、亡くなってだいぶになりますが、ワタシが行ったときはまだ、プミポン国王の遺影があちらこちらに飾られていたタイです。

プーケットの新国際線ターミナルも同様。

タイの人たちは服装もダークカラーで、いつになくシックでありました。

で、プーケット国際空港の公式サイトは、日本語もあって便利なのですが(→ プーケット国際空港公式サイト)、ラウンジについての表記はありません。

と、その前に。

国内線用のプーケット空港も隣接されているので、注意が必要です。

 

入国審査はバンコクだけど、出国審査はこの空港で

ちょっとややこしいので、整理します。

全行程、タイの航空会社利用かその提携関係の航空会社利用の場合

(タイ航空とスターアライアンス、バンコクエアウェイズとJALなど):

到着
日本からプーケットに来る場合、直行便がないのでバンコクを経由します。

で、そのバンコク乗り換えのときに、タイの入国審査を済ませます。

で、プーケットの到着は、こちらの国際線ターミナル。

出発
プーケットから到着時と同じにバンコク経由で帰る場合、プーケットのこの国際線ターミナルで、出国出国手続きをします。

出国手続き、鬼のように時間がかかります。

ひどいと1時間くらいかかる模様。

とくに夜9時〜が激コミなので、早めに空港に行ったほうがいいようです。

 

*LCCの臨時便で、プーケット直行便などの場合はもちろん入出国ともにこのプーケットの国際線ターミナルで行います。

*帰路、バンコクでも何泊かするという立ち寄り組は、国内線ターミナルへ。

バンコクでLCCに乗るという人も、国内線ターミナルです。

 

プーケット国際空港には、4つのラウンジ

この新しい国際空港には、ラウンジが4つあります。

 

2017年9月にようやくオープンしたのが、タイ航空の「ロイヤル・オーキッド・ラウンジ」

ANAなどスターアライアンスメンバーが利用できるラウンジです。

 

JALと提携しているバンコク・エアウェイズのラウンジは、残念ながらプーケットのドメスティック空港にあり、こちらの国際空港にはありません。

 

で、プライオリティパスで使えるラウンジが「コーラル・エグゼクティブラウンジ(The Coral Excecutive Lounge)」

もうひとつ「ラックス・ザ・ラグジュアリーラウンジ(LUX THE LUXURY LOUNGE)」が、プライオリティパスで使えるという記事も見るのですが…

2018年1月7日現在のプライオリティパスのリストからは外れてます。

プーケット空港の出発フロアは3階。ラウンジは4階

で、出国審査を終えてゲートのあるフロアに出たら、エスカレーターで1階上へ。

すると左上のようなサインがあります。これにつられて左に行くと、たしかに「Coral」ラウンジがありますが…

ブッブー!

プライオリティパスのラウンジは反対側といわれます。

とほほ…時間ないのに。

で、とことこ反対側へ。

IWCの文字が見えるように、時計屋さんの奥にあるのがプライオリティパスで使える「Coral」ラウンジ。

受付のお兄サン、感じよいです。

 

どうも釈然としませんが、最初に行った「コーラルラウンジ」は、このラウンジに直接申し込んでいる人専用のラウンジのもよう。

唯一、ファストトラック(優先レーン)のあるラウンジのようです。

ラウンジでファストラックって、どんだけ力があるんじゃって感じ。

とくにこの国際線ターミナルは、出国出国手続きに時間がかかるので便利でしょうね。

 

後、もうひとつ注意したいのが、ラウンジのあるフロアを2階と紹介するものがありますけど、これ、間違い。

出発フロアから空港に入るので、感覚的には2階と思っちゃいますけれど…

表記は4階なので、かん違いしないように。

 

タイ航空のラウンジは入国審査後の3階そのまま、ゲート11の近くです。

ラウンジはまぁ、狭いです。でも必要十分かなぁ

ラウンジ入ってすぐ、直角に折れるように曲がると左のような写真。

そのまままっすぐ進むと、個室ではありませんが、奥まった雰囲気。

ひたすら疲れていて、かつ空いており、図々しければ横になることは可能でしょう。

ちょっと勇気は入りますけど。

で、くれぐれも混んでるときは、やっちゃダメです。

ラウンジ内

広いスペースのほうは窓があるので明るい。

窓といっても空港内に開けてて、下のショッピングフロアが見えるという構図です。

何本かのカウンターをはさんで、両側にテーブル&チェアがならんでます。

カウンターにはけっこうたくさんの雑誌が置いてあるので、意外に楽しい。

パラパラとめくってるだけで、飽きません。

で、このカウンターにもプラグがずらっとあるので、スマホやPCの充電には問題ナシです。

ラウンジの食事情は、悪くないと思う

ラウンジの食べ物

せまいので多くは望めませんが、ホットミール3品。

それ以外にこんなパン類と豊富な生野菜がならんでます。

いずれも新鮮な感じなので、触手が動かないってことはありません。

が、やはりホットミールのカレー風野菜いためを食べました。

ふつうにおいしかったです。

 

このほか、カップケーキなどのスイーツも充実。

で、ビールもローカル3種にハイネケンなどインポートもの2種がそろってます。

このラウンジ、なんたって生ビールが飲める!

このラウンジでもっとも気分が上がるのは、生ビールもあること。

しかも3種類! 

 

注いでグラスを渡されると「コプクンカァ〜」とオバチャン。

こちらも恐縮してグラスもちながら両手合わせて「こぷくんかぁ」となります。

まぁ、シャワーを浴びたいとか、そんな要望はかなえられませんが、WiFiも弱くないし、ちょっと過ごすには悪くないかと。

なにより新しいので、気持ちよいです。

 

15分の頭と肩のマッサージが付いているらしいのですが、時間がなかったので試せなかったのが、心残りです。

プライオリティパスで使えるラウンジはさらに2つ

プーケット国際空港の国際線ターミナルでのラウンジは、いまご紹介した1つだけですが、国内線ターミナルにも同じ「コーラルラウンジ」があって、こちらのほうが広いようです。

また、ランドサイド(到着後のパブリックスペース)にも使えるラウンジがあるので、これ、変な時間のフライトの場合だと、とっても便利だと思います。

THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE
6:00〜0:00

 

プライオリティパスについては→プライオリティパスとは何?〜 使い方・無料入手方法まで あるいは→航空会社のラウンジだって使える!クレジットカード選びは海外利用を考えてがおすすめです。

 

空港から話ちょっと飛びますが…

プーケットに行ったら、→人生で一度は泊まらなきゃのホテルという、それはおみごとなホテル「トリサラ」があるので、ぜひ泊まってみてください。

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

error: Content is protected !!