【最新】スリランカの旅行は、自由気ままな「個人旅行」が大正解!

クルマ
LINEで送る
Pocket

 

「個人旅行」奨励のワタシです。

2017年のGWは、海外を個人で旅行する人が増えたというグッドニュースが入りました。

ワタシB
個人で海外旅行する人が増えたの、ウレシイ〜!

で、スリランカを旅行する場合、この「個人旅行」がじつにリーズナブルかつラグジュアリーにできるので、とってもおすすめです。

なぜかというと、スリランカはまだ交通インフラが整のっていないので、旅行者の足となるハイヤー(ツーリストカー)がとても安い。

だからスリランカを旅行するなら、このハイヤーで、自由気ままに旅行するのがいちばんなんです。

また少しずつですが、国内線の便数も増えてきました。

でもこの国内フライトを利用する日本のツアーは、まだほとんどありません。

なのでより効率的に、楽に旅行できるフライト情報も合わせてご紹介します。

はじめてスリランカに行く人用のプランを考えながらの、2017年版【スリランカ自由で優雅な個人旅行】です!

スポンサーリンク

まず、旅行の日程を考えます

スリランカ航空日本からスリランカへの直行便は、スリランカ航空のみ(JALとのコードシェア)です。

もちろんバンコクやシンガポール、香港、クアラルンプールなどを経由して行く方法もありますが、今回はできるだけ〝効率よく〟弾丸・直行便で行くこととします。

で、直行便のフライト時間は約9時間ですが、ネックが、週4日しか運航していないこと。

UL455便 成田発11時20分 コロンボ着17時50分(現地時間) 月/木/土/日
UL454便 コロンボ発19時50分 成田着翌7時30分 水/金/土/日

仕事をしてる人だと、木曜出発の月曜早朝着が最短ベストでしょうか。

もちろんもっと長く休める夏や大型連休に出かけてもいいのですが…

まずは小手調べ。

スリランカを旅行する日本人は、その魅力にはまったリピーターが多いので、一度行ってみてから、そのあと何度でも出かけてください。

料金はエコノミークラスで、8万〜9万円です(時期によってちがいます)。

最短スケジュールで、スリランカを満喫するには

スリランカがいくら小さな島とはいえ、北海道よりちょっと小さいレベル。

とても現地3泊4日で、すべてを楽しむことはできません。

旅先の的をしぼります。

  1. 世界遺産をメインにしたコース
  2. アーユルヴェーダ体験を目的としたコース→スリランカのアーユルヴェーダを体験してきた!1週間で体が変わったヨ
  3. 街歩きや占い、雑貨や宝石のショッピング満喫コース
  4. 建築家バワの足跡を訪ねるコース
  5. 本場のセイロンティーを堪能するコース

はじめてスリランカを旅行する人だと、イメージはこんな感じでしょうか?スリランカの地図

スリランカで、何が見れて、何ができて、何が買えるのかはこちらの記事を参考にしていただければと思います。

【最新】スリランカ旅行おすすめ8。世界遺産〜占い・カレー・紅茶・アーユルヴェーダまで

今回は、1. のコースをメインにプランを立ててみたいと思います。

もちろん8つの世界遺産すべてを回るのはムリなので、有名どころをおさえます。

〝無駄なく、無理なく〟で予定を組んでいきます。

到着日を無駄にしない

成田からのフライトを見ていただくと、スリランカの空港着が17時50分です。

つまり出発の木曜日は、移動でつぶれる。

なので、木曜日中に目的地に着いておきたいところです。

そこでまず、最初の世界遺産の街「シギリヤ」「ダンブッラ」を目指します。

すごっ!【世界遺産】スリランカのシギリヤに登って、絶景に感動してきた

バンダラナイケ国際空港からシギリヤまで、約150km。

ダンブッラもだいたい同じくらいです。

グーグルマップだと3時間ほどで行けるように表示されますが…

高速道路はないわ、ノロノロ車は多いわで

最低でも4時間はかかります。

途中、夕食を食べたりして、シギリヤのホテルに着くのは夜半って感じ。

ちょっと強行軍ですが、ここは乗り切りましょう。

で、この移動に使うクルマをどうするか?

1日60USドルで「個人旅行」の足を確保

sri009

空港からなら、もちろんタクシーでシギリヤへ行くことはできます。

お値段65〜100USドル(約7,000〜11,000円)。

がここは、翌日からの移動も考えて、ハイヤーを頼んでしまいましょう。

で、このクルマ代の目安が1日60USドル(約6,600円・Lonly Planet調べ)。

じつは、もっと安い料金はゴロゴロあるんです。

1日12ドルとか…。

ありえないが、実際、ある。

空港で直接タクシードライバーに交渉するのがいちばん安いともいわれてます。

ただ、諸条件で値段は変わってくるので、60USドルはあくまでも目安です。

1.走行距離
2.車種(新車レベルなどの清潔感も関係)
3.英語など外国語を話すドライバー
4.保険に加入

などで、料金は変わってくるので、かんたんに数字が出てこないのが実情です。

とはいえ、これはやっぱりとてもリーズナブル。

1台の料金なんで、ふたりで旅行するなら半額ですから。

ホテルは、ドライバーのことも考えて選ぶ

ヴィルウヤナで基本、料金にはドライバーの食事代や宿泊代もふくまれます。

スリランカでは、こうした車利用の旅がふつうなので、多くのホテルはドライバー用の部屋を確保してるんです。

ただ、最近はなかなかそうもいかないようで、ドライバー用に1泊5,000円前後の宿泊+食事代がかかるホテルもあります。

つまり、どこに泊まるかでも料金は変わってくるわけですね。

ガイドもしてくれるドライバーがいる!

でも、さらに便利なことには、ドライバー兼ガイドOKという人材も豊富ということ。

きちんとガイドのライセンスを持ったドライバーです。

2人旅行で1台車を頼んだとして、ひとり1日5,000円前後の出費なら範疇でしょう。

ドライバーの観光地での入場料も必要なく、さらに同行して説明をしてくれるというお役立ちな人なんです。

スリランカ情報通からの情報

現地に詳しい友人からも情報をゲットしました。

  • BMW5日間で1,000ドルくらいだったらしい
  • 空港のタクシーは、ドライバーの当たり外れが激しい。英語も話せず、道も知らないドライバーに当たることも
  • 万が一を考えると、やはり事前に交渉できる、ある程度の規模の会社がよい

で、スリランカでの〝足〟をどこで手配するのか?

4M0A9322

1日60USドルのドライバーは、英語をカタコト話す場合。

英語でガイドをしてくれるドライバーだと、80USドルくらいするようです。

日本語スピーカーのドライバーもけっこういますが、さらに割高(料金把握できず。でも感覚として1日100USドルくらいではないかと)です。

まぁ割高なのは仕方がありませんね。

で、どこで手配するかは、個人旅行の手配をどう進めているかにも関係してきます。

宿泊予定のホテルに相談する

エアーチケット(マイル使ったり)もホテルもオンラインで、自力予約可能という人は、ホテルのコンシェルジュに相談してみてもいいかと。

ホテルの系列のクルマ会社や旅行代理店を紹介してくれるかもしれません。

日本の旅行代理店に頼む

もちろん、日本の旅行代理店を通して手配する方法もあります。

スリランカの旅行を扱ってる会社なら、どこでも手配してくれるはすなので、

見積もりをお願いすると、すぐに返事がくるようです。

そこで聞いてみてほしいのが、もしかするとエアやホテルの手配も任せちゃったほうが安いかもということ。

いろいろ…相談してみることです。

「スリランカ」+「専用車」で検索すると何軒かヒットします。

スリランカの代理店に頼む

現地のエージェントに依頼することもできると思うので(空港にもデスクを出している会社が何軒もある)、検索してみてください。

私はよく、ジェットウィングトラベルズ&ホテルズにお願いしていますが、ここ、日本での問い合わせ先があるので便利です。

なんにせよ、とにかく見積りを出してもらうのが、はじめの一歩です。

ジェットウィングトラベルズ&ホテルズ
phone:03-3476-7207
mail:travel@jetwing.jp

人数がそろえば、ワゴン車がお得でラクチンな旅行に

sri010

で、3人そろったら断然ワゴン車のほうがお得でラクです。

確かに昨今のセレブも映画祭などの登場にリモではなくてワゴンに乗ってるし…。

値段もセダン車にちょっとプラスくらいなので、セダンにこだわらなければ2人でワゴンを借りてもOKです。

実際、遠出になればなるほど、座席を倒して体を伸ばして寝られるほうがいいです。

ビジネスクラスのフルフラットシートみたいなもんですね。

2日以上観光で乗り回すなら、ワゴン車を考えてもよいと思います。

旅行2日め。スリランカの世界遺産を2つ制覇

前日、遅くに到着したので、朝は少しゆっくりしましょう。

ホテルは、国民的建築家であるジェフリー・バワが建てた「ヘリタンス・カンダラマ」がおすすめです。

ここに泊まると、バワ建築も味わえるし、なによりドライバー用の宿泊設備が整っているので安上がり。

旅行サイトの格安料金を見ると、時期にもよりますが、スタンダードルームで1万5000円前後で泊まれそうです。

で、午前中に世界遺産「ダンブッラ」の石窟寺院を見学しちゃいます。

午後遅めにもうひとつの世界遺産「シギリヤ」に出かけ、1000段階段を登ります。

すごっ!【世界遺産】スリランカのシギリヤに登って、絶景に感動してきた

個人旅行じゃなきゃ泊まれないブティックホテル

下山したら、クルマで次なる世界遺産「キャンディ」へと向かいます。

約90km・約2時間。

キャンディでの宿泊は、ワタシはまだ泊まったことがないのですが、何人かのスリランカ旅行の達人たちからの情報によると、老舗ブティックホテルの「キャンディハウス」がよいようです。

19世紀はじめの建物は英国的南国な雰囲気で、なかなかいい感じ。

料金は、スタンダードな部屋・1泊1室利用で、225〜330 UDドル(約2万5000〜3万7000円)。

ブティックホテルは、いまスリランカで大流行りですが、客室数が少ないのでそれこそ個人旅行でないと泊まれないので、おすすめです。

ただ、確認できていませんが、このホテルだとドライバー用の施設はないと思うので、別途5,000円がかかります。

旅行3日め、スリランカ最後の王都「キャンディ」

キャンディ1日め、2日めとなかなかハードなスケジュールだったので、ちょっとキャンディでのんびり。

観光名所メインの「仏歯寺」は1時間もあれば十分なので、昼過ぎまでホテルライフを満喫したり、キャンディの街並みを堪能しましょう。

午後、ゆるゆると最後の世界遺産「ゴール」を目指します。

ゴールまでは、直線コースの道路がないので、約120km。

やはり4時間近くかかります。

旅行の最後に、アマンに泊まる

ゴールの見どころは、基本、城砦の中の旧市街。

なので効率を考えると、旧市街のホテルに泊まるのがベスト。

イチオシは「アマンガラ」ですが、ここは高いだけでなくやはりドライバー用の宿泊施設がないので、その分も費用がかかります。

でも、素敵。

アマンガラ

1泊1室2名の料金(エントリークラス)で、500〜725USドル(約55,000〜83,000円)。

ゴールにはホテルがたくさんあって、アマン以外にも素敵なホテルはいろいろあります。

別のホテルにするのも大いにアリだと思います。

料金と立地のバランスで、決めてください。

旅行最終日。午後まで時間たっぷり

ゴール旧市街 夜の便で日本に帰るので、ちょっと気ぜわしい感じがしますが、ゴール〜空港は数少ない高速道路が使えるので、2時間。

よゆうをみて3時間と考えると、午後3時前、2時半にゴールを出ればOKでしょう。

日曜なので、都市部の渋滞は少ないですし。

早く着いたら、早めの夕食でも取ればよいかと思います。

個人旅行だから、国内線利用も考えてみる

自由気ままがポイントの「個人旅行」。

許される時間の少ない社会人としては、多少お値段はっても時間を買うのもアリです。

今回計画した旅行では、飛行機で行けば「空港→シギリヤ 30分・約2万円」。

「キャンディ→コッガラ(ゴール近く)1時間半・約1万7000円」を利用すると便利です。

それぞれのフライトの便数は1日1本しかないので、前後の時間調整は必要ですが、車で4、5時間も走ることを考えると、やっぱり飛行機は楽です。

まとめ

最後に、今回ご紹介した旅行プランの予算をまとめてみます。

ホテル代などで大幅に変わりますし、ハイヤー代もあくまで目安ですが、いちばん費用がかかる移動と宿泊費は、ざっとこんな感じです。

日本からの航空券代   約8万円
車代(日本語OKのガイド兼ドライバー) 100USドル×4日 約4万5000円
ドライバーへのチップ 4,000スリランカルピー 約3000円
ホテル代(ドライバー分ふくむ)   約10万5000円
         合計   約22万8000円

*空港税やビザ代・サービス料などはふくんでません。あくまで概算です。

*航空券以外は2人分の料金と考えてください。なので、2人で旅行するとして、移動費と宿泊でひとり約15万円4000円。

これで、3泊4日で4箇所の世界遺産をめぐる個人旅行ができます。

ホテルを替えれば、12,3万円くらいでOKです。

自由気ままな「個人旅行」が、このくらいでできるのはスリランカだからです。

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す