【アフリカのサファリ】最新最強のおすすめを世界の旅プロたちに聞いて決定決行!

アフリカの雄ライオンの画像

アフリカのサバンナ。 ジープを駆って、憧れのサファリがしたい。

大地に沈む大きな夕陽を眺めつつ、テントの前でくつろいでみたりして…  

と「アフリカでサファリ」は、人生、終わるまでにかなえたい夢のひとつです。  

でも、アフリカ、広し。

ケニアがいいの?

南アフリカが人気なの?

No.1はどこ? 

どこに行けばいいの? となります。

めったに行ける場所じゃないから、絶対、外したくない。  

でも、アフリカの数あるサファリリゾートを体験比較して、しかも最新の情報をゲットするのは至難。

ひとりの人間の情報量や予算では、かないませぬ。

続々と、新しいリゾートもオープンしてますしネ。  

そこで、世界のトラベル・ジャーナリストの知人たちにも聞いてまとめました。

信頼できる【アフリカのベストサファリ2019年】。  

旅のガイドは、最新で、多くの実体験にもとづいたフェアなものであるべきだと思います。

その上で、個人の体験やプライベートな感想が知りたい。

で、どこよりも新しくて、誰よりも多くの体験から導きだした答えが…  

アフリカでサファリするなら、ボツワナに行け!  

そう。ボツワナ最高! (←どこだこの国?)

とてつもない体験ができますよ。

ヘンリー王子とあの女優さんもボツワナでサファリをしたらしいし…  

では、ボツワナNo.1の理由を説明していきますネ。

*この記事は[2018年版]を2019年仕様に更新したものです。2018年版でご紹介した記事にも有益な情報が含まれているので、少し読みづらいですが一部残してあります。

アフリカのサファリ、世界のランキングNEW!

アフリカ象

アフリカでサファリといえば、日本でいちばん知られているのがケニアの「マサイマラ」でしょうか。

最近では、国を挙げてのアピールが功を奏して、南アフリカの「クルーガー国立公園」も有名です。

2019年1月、アフリカ8カ国に50のキャンプをもつ「Wilderness Safaris」に行き、聞いてきました。
東アフリカの美しさは得がたいが、残念ながら都市の治安に問題アリ。
「クルーガー国立公園」はマナーの悪い一般カーの乗り入れに問題があるということです。

 

で、世界中の旅を知る5人のトラベル・ジャーナリストにも2018年に続いて相談。

CNNのベストサファリ

『ロブ・リポート』など著名な雑誌に写真を提供しているスゴ腕カメラマンが新たに教えてくれたのが、2018年8月のCNN traveによる 8 of the best safari destinations in Africa

  • タンザニアの「セレンゲティ」国立公園
  • ウガンダの「キデポ谷」国立公園
  • ジンバブエ「ワンゲ」国立公園
  • ケニア「サンブル」国立公園
  • ボツワナ「カラハリ砂漠」
  • ザンビア「南ルアンガ&カフエ」国立公園
  • ナミビア「エトーシャ」国立公園
  • 南アフリカ「クルーガー」国立公園

このリストには挙がってませんが、ルワンダなども含めサファリとしては新しい国の名前が登場してきているのが、2019年の特徴のように思います。

2019年1月、ボツワナのカラハリに行ってきたので、早々に記事をアップします!

素晴らしいの一言でしたヨ。

2017年10月の「Afica’s 10 best safari parks」も各サファリの特徴、見どころが紹介されているので要チェックです。

  1. ケニアの「マサイマラ」保護区
  2. ボツワナの「中央カラハリ」保護区
  3. ウガンダの「キデポバレー」国立公園
  4. タンザニアの「ンゴロンゴロ」保全地域
  5. ナミビアの「エトーシャ」国立公園
  6. ガンビアの「ガンビア川流域」国立公園
  7. アルジェリアの「ホガール」国立公園
  8. 南アフリカの「クルーガー」国立公園
  9. ボツワナの「オカバンゴ・デルタ」
  10. マダガスカルの「ペリネ」保護区

CNNのサイトに で、このランキングでは唯一、ボツワナだけが2カ所選ばれてます。

9.のオカバンゴ・デルタについてはコチラの記事も参考にしてください→ボツワナ観光のイチオシ!オカバンゴで初サファリに熱中夢中【1-2日め】オカバンゴデルタに、カバが跳ぶっ!衝撃のサファリ旅行記3-4日め【ボツワナ】

英国『The Telegraph』のおすすめ方法

イギリスの有名な新聞『ザ・テレグラフ』で旅の記事を書く、超まじめなジャーナリスト曰く。

ボツワナは、ヘンリー王子とメーガン・マークルがキャンプした場所だから、かなり話題沸騰〟とか。

ヘンリー王子はそうとうなアフリカ好きらしいです。

で、知人ライターの彼は、アフリカに何度も行っているけど、自分は列車旅行のプロだからと、テレグラフが2017年2月に発表したThe 50 best safari holidaysを参考にしたらと、教えてくれました。

↑の記事の2018年版が50 incredible safari holidays

2019年は、ズバリ2019年に行くべきアフリカ・サファリ14の記事もあるので、ご紹介します。
The best African wildlife holidays for 2019 – whatever your budget

  1. ザンビアのビッグなウォーキング・サファリ
  2. チャドのザコウマ国立公園
  3. 北ケニアでの象のマジック
  4. 唯一無二のオカバンゴ
  5. 大移動を追いかける
  6. ケニアでライオンキングに会う
  7. オーソドックスなケニアのサファリ
  8. ザンビアのブッシュの家でくらす
  9. タンザニアのブッシュとビーチ
  10. カラハリのミーアキャット
  11. あなたのイメージのゴリラ
  12. ビッグ5の生態を観る
  13. 史上最高のフライングサファリ
  14. マジカル・マダガスカル

さすがのテレグラフ… 

こんなサファリもできるんかいというものがズラリ揃ってます。

4のオカバンゴに関してはコチラの記事を参考にしていただけます→ボツワナ観光のイチオシ!オカバンゴで初サファリに熱中夢中【1-2日め】
オカバンゴデルタに、カバが跳ぶっ!衝撃のサファリ旅行記3-4日め【ボツワナ】

10のカラハリについての記事はしばしお待ちを! 近日公開予定。

『The Telegraph』の記事から考えると…

テレグラフの記事は、タイトルにもあるように予算度外視のスペシャル・サファリ。

でも、目的地は参考になりますし、やはり2018年には挙がっていなかった国が登場しています。

そしてやはりボツワナ強し。

4と10のほかにも、13の行程にボツワナのオカバンゴが入ってます。

アフリカでしょ、治安は? 伝染病は大丈夫?

アフリカ、シマウマの群れ  

次に連絡したのは、フランスの『ル・フィガロ』紙で、140ヶ国を旅してる超ベテラン・カメラマン。

なんたってフランス人も、イギリス人に劣らずアフリカ好き。

これは期待できる! と思ったですよ。

ところが意外なお返事。  

「アフリカは大好きだよ。

でも、いまは時期かな?

テロや伝染病や… ちゃんと調べなきゃね」  

テロで傷ついたパリジャンは、思慮深かった…

そう。

アフリカといえば気になる、治安やエボラ熱だのの伝染病。  

風評被害を起こしてはいけないので、外務省 海外安全ホームページをチェック。  

北アフリカや東アフリカは、かなりやばいっす。

「渡航中止勧告」から「退避勧告」まで出ているエリアが。

レベル1の「十分注意してください」も多い。

いずれも理由は、伝染病とかではなく、凶悪犯罪やテロの危険(ほかのエリアはまた別の理由)。

ワタシA

え~、ないわぁ。
ビビリといわれようと。
言葉も通じんところでヤバイわ

来日中のケニアのアスリートたちの話でも「いまは来ないほうがいいよ」とのコメント。
南アフリカでインテリアデザインの仕事をしているスウェーデン女性いわく「ケニアの友人に会いには行きたいけれど、そして素晴らしい風景だけれど…いまは危険」とのこと。

コンゴでの2018年の11月からのエボラ出血熱の感染も気になります。

いずれにしても国際ニュースはチェックしておきましょう。

アフリカでも、ボツワナの治安は最高!

ヌーの大移動画像

一気に危険回避に方向転換したワタシの基準は、とにかく安全第一

ライオンにガブってされちゃうとか以前の問題で、とくに日本人は危険に対する嗅覚が鈍いので、ここはしっかりおさえておきましょう。  

もちろん、政情や衛生状態などはジジ刻々と変わるので、ケニアの「マサイマラ」に行くのはやめようなんて、決して思ってませんヨ。

でも、2019年12月現在では、東アフリカのサファリはちょっと危険が伴います。 安全度で選ぶと、ボツワナ、ナミビア、南アフリカの南部アフリカのサファリがおすすめとなりました。

とくにボツワナはダイヤモンド産出世界一なので、国力的に安定していて、治安のよさは日本並みどころか、日本よりもよいといわれてます。

南アフリカも経済力が増してきて、さらには近年、観光に力を入れているので治安への配慮はかなりだと。

ケープタウンはちょっと怖いらしいですが…

そして、ナミビアもまた安全でロケーションも素晴らしいという話を、ボツワナのキャンプの人たちから聞きました。

ボツワナのサファリと南アフリカのサファリの違い

アフリカ、サイの親子

で、結局。

CNNやテレグラフのランキングを見つつ、安全な国のサファリとなるとボツワナか南アフリカの二択に。

↑ボツワナの人がいうには、ナミビアも素晴らしいとのこと。

最新情報といえばの米国『Condé Nast Traveler』。

この雑誌の編集者に聞いてみました。

即答。

〝なんか、ワンダーランド的にいろいろ楽しめて、新しいラグジュアリーホテルとかガンガン立ってるのが、南アフリカ。

ボツワナのがクロウト好み。

シンプルにゲームサファリして、夜は焚き火を囲んで早寝って感じ〟  

両国とも行く場所で違いはあれど、分かりやすい比較。

さらにナミビアについて聞くと、2度目3度目のアフリカ向きじゃないかなとのことでした。

最後の決め手は『National Geographic Travel』のカメラマン氏のひと言。

ワイルドライフとネイチャーライフを楽しみたいなら、ボツワナ。

南アフリカは素晴らしいけれど、ちょっとトゥーマッチ。

動物園のように何でも見たいなら南アフリカに行けばいい〟  

そして、ボツワナの国民性にも関係してくるのですが、ガイドの質がいいとも聞きました。

南アフリカに限らず、ほかの国のガイドは、血眼になり過ぎるとか。

もちろん、それも客を喜ばせようとのサービス精神なのですが、ボツワナのガイドのほうが概して余裕があって、ゆったり楽しめるのだそうな。

ワタシ自身は南アフリカのサファリに行っていないので、軽々しく書けませんが…
サファリのルールを知らない自動車が乗り入れできるので、とにかくマナーが悪いという話は3人の人から聞きました。
ゴミなどのポス捨てもあったりで、チョットねという話もあります。

さらにボツワナのキャンプで聞いたのは、ボツワナは国策として「あまり人工的なことをせずに動物を保護していく」方針なのだとか。

できるだけ野生に近い状態で保護区を管理しているので、動物園のようになんでもかんでも見られるわけではないらしい。

決定!アフリカでサファリなら【ボツワナ】がおすすめ

アフリカの夕焼け

というわけで、最新最強のアフリカ・サファリの目的地は、2018年に続き2019年もボツワナに決定。

ただ、重要なので、赤字で大きく書きますが…

何でもかんでも見れると思うな!

たとえば、ヌーの大移動が見たければ、やはりケニアに行くべきでしょうし…

ナショジオのカメラマンもいってましたが、ボツワナのサファリに行けば何でもホイホイ見れるわけではありません。

まぁ、かんたんには見れないところがよかったりもするんですが。

サファリには、目的をしぼって行こうということです。  

しかし… ボツワナってどこよ? 当然の疑問です。

いくらかかるのかも、知りたい。  

そんな方は、ボツワナでのサファリの詳細はコチラの記事をご覧ください→ボツワナ旅行で、サファリを10倍アツく感動体験するためには!

初のサファリ体験についてはコチラを読んでみてください→ボツワナ観光のイチオシ!オカバンゴで初サファリに熱中夢中【1-2日め】

その前に、ボツワナ感動物語、コチラの記事を読んでみてください→人生を変える旅…アフリカ。なにもナイことの強烈なインパクト

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved. 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください