ボツワナ観光のイチオシ!オカバンゴで初サファリに熱中夢中【1-2日め】

アフリカ・サファリでの夕焼け
LINEで送る
Pocket

アフリカでもっとも治安のいいボツワナ。

ケニアやタンザニアともまた、ひと味違うサファリが楽しめる国。

【アフリカのサファリ】最新最強のおすすめを世界の旅プロたちに聞いて決定決行!にも書きましたが…

いろいろな意味で安心して、存分にサファリ観光が楽しめるボツワナにやって来ました。

 

いよいよ本格サファリ体験!

果たしてライオンに会えるのか?

 

世界遺産に登録された内陸最大のデルタオカバンゴ・デルタから、1週間のサファリツアーのはじまりです。

ボツワナ観光の目玉、【世界遺産】の湿地帯へ

セスナから見たオカバンゴデルタ
内陸に広がる世界最大の湿地帯オカバンゴ・デルタ

日本から香港経由で南アフリカのヨハネスブルクへ。

さらにエア・ボツワナに乗り換え、マウン国際空港へ…

向かうはずだったんだけど、午前便は乗客が少なくてフライトキャンセル

いきなりの洗礼です。

ま、仕方ありませんわね。

(ボツワナへの行き方はコチラの記事→ボツワナ旅行で、サファリを10倍アツく感動体験するためには

ヨハネスブルグでフライトキャンセルに見舞われたら→ヨハネスブルグ空港の乗り継ぎ。ラウンジないとキツイっす【南アフリカ】が役に立ちます)

 

で、半日時間つぶして、午後便に乗り、ようやくマウンです。

ここマウンは、ボツワナ観光の中でもいちばん人気の「オカバンゴ・デルタ」の玄関口になります。

前日からすでにマウンに居たカメラマンとセスナのパイロットに急かされて、ほとんど引きづられるようにしてセスナの座席に。

 

きょうから2泊の「クワイリバー ロッジ」まで、また30分のフライト。

世界自然遺産の湿地帯の中にあるホテルへは、セスナで行きます。

 

ライオンのアイコン セスナはフレキシブルに各ホテルを移動できるよう、小型が多いです。
だから、荷物はハードなスーツケース不可。
ボストンバッグのようなソフトケースで行きましょう。
国際線に乗る際、カギを付けるのを忘れずに。
どうしてもスーツケースでという場合は、セスナの会社で預かってもらいます。

 

有数サファリのモレミ動物保護区へ

木陰のガゼルたち
角が一直線ではないけど…トムソンガゼル

2017年7月にCNNが発表したベストサファリのひとつ「オカバンゴ・デルタ」(→「Afica’s 10 best safari parks」参照)。

中でも動物の種類が豊富な「モレミ動物保護区」にあるのが「クワイリバー ロッジ」です。

ここは、湿地帯でも陸地の多いエリア。

ボツワナ観光の目玉であるオカバンゴの中でも有名なところです。

でも…到着したのが夕方近かったので、本日サファリはおあずけ。

 

それでも、セスナの降りた滑走路にはキリンが出迎えてくれ…

ロッジまでの道中、シマウマはいるわ、道の真ん中に象はいるわで、気分はアゲアゲです。

サファリの朝は、早い

クワイリバーロッジの外観
テラスに紅茶とマドレーヌが運ばれて、ウェイクアップコールとなります

翌朝。

いよいよ、サファリです!

サファリのスタートは、朝6時。

5時半には、モーニングティーが部屋に運ばれ、イザ出発です。

 

サファリでの楽しみはいろいろありますが、やはり大物が見れるとエキサイティング。

シマウマやガゼルなんかの、食べられちゃう側の動物は群れでいるので、見慣れてくると、あ、また居た、くらいになってきます。

人間って、ほんと贅沢。

アフリカのこんな大地で、野生のシマウマが見られるだけでも感激ものなんですが…

 

だんだん、めったに見かけない、プレデター=捕食者が見たくなってきます。

で、この捕食動物の活動するのがおもに夜間なので、狩りを終えて寝床に帰る彼らを見つけるべく、早朝サファリとなるわけです。

 

ま、昼間は暑いから、動物たちも木陰に隠れて休みますからね。

湿地帯でも植生豊かなモレミ動物保護区

サファリで見たキリン
やっぱ、キリンは背が高いよね

ジープを走らせることしばし。

この「モレミ動物保護区」は、ほかのオカバンゴ・デルタのエリアよりも、大きな樹木が生い茂っていたりと、自然環境がバラエティに富んでます。

だから、動物の種類も多い。

つまりはサファリに最適。

もちライオンもいるんだって。

(ワクワク。期待大)

 

で、本日最初の大物は、キリンです。

草食動物とはいえ、絵になります。

横位置の写真は撮りづらいけどね…

 

静かに近づけば、逃げることはありません。

おいしそうに朝ゴハンの真っ最中でした。

 

が、にしてもあの首。

ゆらゆらしてて、バランス悪そう。

って、よけいなお世話。

あの長さあっての、高いところの葉っぱが食べられるわけで…

それに、これ以上脚が長くなったら…どうするキリン

水を飲むキリン

水が、飲めん…

さすがボツワナ世界遺産の湿地帯

湿地の沼を走るジープ
湿地帯、沼多し。でも、ジャブジャブ進みます

キリンの食事風景も見ました。

ガゼルやインパラなどの鹿類もいっぱい。

シマウマもけっこう見ましたね。

象との遭遇も何度かあったので、午前中のサファリはおなかいっぱい。

 

さて、午後です。

世界一大きな内陸デルタのオカバンゴ。

数ある沼地を、ジープでガンガン行きます。

次なる登場動物は?

オカバンゴデルタのカバ
けっこうドウ猛視線

なんたって水辺が多いので、カバがたくさんいるんです。

で、カバのイメージ、なんか愛嬌あるヤツだったんですけど…

これ、大きな間違い。

野生のカバって、すっごいドウ猛。

縄張りに侵入されるとお怒り全開で、ライオンだろうと人間だろうと容赦ないとか。

 

近くに寄って写真を撮ろうとしたら、ガイドさん、大慌ててで止めにきましたね。

知らないって、恐ろしい…

カバは体重3トン前後もあるのに、ウサイン・ボルトより速く走るので、絶対近づいちゃダメ。

ま、確かによく見ると、凶暴な眼をしてます。

高級ホテル並みのサービスで、サファリ観光満喫

クワイリバーロッジの外観
プールもあって、高級リゾートな「クワイリバー」

初サファリ第一日の興奮のまま、ロッジに戻ってシャワー。

ここ、クワイリバー ロッジといっても、ベルモンド(旧オリエントエクスプレス)なので高級ホテル並みです。

各ロッジの室内
作りとしては、テントをラグジュアリーに仕上げてるということです

客室となる各ロッジは、茅葺き屋根がついてるものの、内部仕様はいわゆるテント。

でも、ベッドルームの後ろがウォーキングクローゼットになっていて…

向かって右にトイレ。

左にシャワールームがあります。

 

バスタブ付きやジャクジー付きのロッジもあるという、さすがヨーロッパの避寒リゾート。

ラグジュアリー全開のサファリライフです。

なんたってスパもありますからね。

クワイリバーロッッジの昼食
種類も味も申し分のない昼食

ボツワナサファリ1回戦の結末は…

きょうの午後「クワイリバー ロッジ」を後にして、次なるホテルに向かいます。

だから、朝のサファリがここでの最後。

ガイドのネスレもヤル気まんまんで、30分早く起きて出かけよう!ってなりました。

 

サファリガイドのみんな、なんとかビッグキャットやビッグ5を見せたいと思ってるイイ人ばかり。

*ビッグキャットとは、ライオンや豹などの大型ネコ科動物のこと

*ビッグ5とは、ライオン・豹・象・サイ・バッファローのこと

モレミ動物保護区のガイドたち
木の下でアフタヌーンティーの用意をする、ガイドのネスレたち

ネスレも、ジープを運転しながら、ビッグキャットの足跡を見つけては説明してくれます。

「この足跡は乾燥しるから、3日くらい前のだね。この辺りにはいないから先を急ごう」とかね。

 

で、いつしかこちらもいっしょになって、足跡をのぞきこむように。

「これ、小さいけどライオン?」

「うん、これはレパード(豹)だね」

といった一体感。

キャァ〜 ライオン発見か!?

と、ネスレの目つきが、ピッキーンと変わりましたっ!

甲高い鳥の鳴き声が聞こえた瞬間、急ハンドルにて猛スピード。

小川を渡って茂みに着くと、しばし、ジっと耳をすませてる。

 

「あの鳥は、ライオンとかプレデターが来ると、周りの動物たちに知らせるために鳴くんだ」

と、小声のネスレ。

緊急地震速報みたいなアラームバードがいるわけですね。

 

で、ゆるゆる探すこと30分。

またも見つけた足跡を指差して、ネスレいわく

「まだ湿ってるから、さっき通ったばかりダ」。

 

おぉ!

ついにライオン遭遇かっ!

ドキドキ。

ワクワク。

そこからまた、30分。

残念ながら、ライオンは姿を見せることなく…

ワタシの「モレミ動物保護区」でのサファリは、ジ・エンドなのでした。

 

でも、なんか面白かったなぁ〜

そりゃ、ライオン見たかったけど。

負け惜しみじゃなく、探してるだけで楽しかったし。

 

ま、ワタシ釣りしてても、釣り糸垂らしてれば釣れずとも楽しいヒトなんで、微妙ではありますが…

ライオンのしっぽ
後一歩のところで見逃したライオン…

でも、ネスレは悔しそうでした。

「ほんと後ちょっとだったのに…

乾季だったらなぁ。

でも、チョベに行けば、あそこなら絶対見られるよ!」

ガイドとしてのプライドとお客への配慮が…みごとに入り混じってましたね。

ナイス・ガイです、ネスレ!

 

*ベルモンドのサファリについて
日本語の公式サイト

この記事の続きはコチラから→オカバンゴデルタに、カバが跳ぶっ!衝撃のサファリ旅行記3-4日め【ボツワナ】

チョベ国立公園、ドラマなサファリ旅行記5-6日め【アフリカ】

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!