コルカ渓谷のアンデスコンドルはクールだった!【ペルー旅行記1・2日め】

アンデスのコンドル
LINEで送る
Pocket

ペルーといえばマチュピチュ。

それにナスカの地上絵ときてチチカカ湖。

でも、コンドルの勇姿が見られるコルカ渓谷=コルカキャニオンも、魅力的です。

インカの時代、〝神の使い〟と崇められた大空の覇者。

コンドルの滑空を見逃す手はナイ。

ペルーの南部を旅行するなら、選択肢に入れるべき場所です!

コルカ渓谷に向けて出発!初日、いきなりの標高4,800m越え

まず夕方、成田から南米最大のラタム航空に乗って、ニューヨークを目指します。

 JALとのコードシェア便の成田発なので、ほとんどJAL。

で、夕飯食べつつ映画観て、寝て起きて、顔洗って、朝食食べて…

でも、着いたニューヨークは同じ日の18時20分です。

12時間55分飛行機に乗ってましたが…

日付変更線の謎です。

そこから、23時25分にニューヨークを出て、翌朝5時55分に、ペルーのリマに着きました。

日本時間だと午後2時…はぁ。

マチュピチュへ行くにしても何にせよ、日本からペルーは、遠い。

(→日本からマチュピチュまでの行き方を、全力でまとめてみた!【最新】

首都リマ滞在3時間半にて、次なるアレキパへ

7時半を過ぎても、荷物が出てきません。

〝ロスト〟の3文字が頭をかすめるも、なんとか回収。

空港敷地内のホテルで、速攻シャワーを浴びて着替えて、今度は国内線。

ペルー第2の都市アレキパまで、リマから1時間のフライトです。

(リマの空港、国内線にはプライオリティパスで使えるラウンジ「Caral VIP Lounge」にシャワーがあります。→プライオリティパスとは何?使い方や無料入手の方法を徹底ガイド

でアレキパ、第2の都市といっても小さな空港。

立派なサボテンの向こうには、雪渓のアンデス山脈が見えます。

サボテン=暑い国のイメージが…がらがらとくずれました。

アジアでおなじみのトゥクトゥクも、フルカバー仕様です。

寒いですからね。

年間最高気温、23度。

で、ミニバスに乗って、ずんずん山に向かいます。

コルカ渓谷界隈の地図

地図で見るとこんな感じ。

(ちなみに今回は世界各国のジャーナリストが集まるプレス旅行。

アレキパから、コンドルが見られるコルカ渓谷までは、現地ツアーがたくさんあります。

コンドルを見るためには、早朝コルカ渓谷にいる必要があるので、1泊2日のツアーです

コンドルの前に。ペルーといえばのアルパカにご対面

ビクーニャ

と、荒涼とした高原に動物が。

おおっ! ビクーニャ!!

〝アンデスの黄金〟といわれる世界最高級の天然素材!

マフラーでも15万円はくだらないという、あのビクーニャが歩いてます。ドルマーク

って、保護色でよくわからん。

この辺り一帯は国立保護区になっていて、ビクーニャは2年に一度しか毛の刈りこみが許可されてないとのこと。ペルーの国旗

ビクーニャ1頭分の毛で、一家が2年暮らせるという貴重な動物です。

ペルーの国旗にも描かれてます。

で、この先にはアルパカやリャマもいましたが、正直どっちがどっちかよくわかりません。

もふもふしてるほうがアルパカで、耳が立ってるほうがリャマだというんだけど…

この写真も、あってる気がしない。

アルパカにも種類があるようなんで…

ビクーニャは分かりますよ!

首が細くて、長い。ビキューナ

なんたってお値段高いんで、分かります。

で途中、ランチを食べて、またミニバスでずんずん移動。

と、なんだか、空気薄くね?

標高4,800mって…

おいおい。

と、なんだかんだで午後5時。

やっとホテル「ラス・カシータス・デル・コルカ」に着きました。

ナント成田を出てから37時間です!

ラス・カシータス・デル・コルカ

標高3,417mの1軒家で過ごすペルー初日の夜

こんな感じの〝家〟が、広い敷地に20棟。

そしてワタシのおウチは、いちばん遠い…

階段を下りて坂も下り、また階段を上がるという。

標高3,400mですぜ。

富士山より高いのに、こんなに歩かせるなヨ。

ラス・カシータス・デル・コルカ

でもまぁ、こんなベッドルームには

暖炉があり、チョコだのCDだのいろいろなものが〝無料〟で置いてあって、気分もアップ!

ワタシB
アンタほんと、〝無料〟と〝食いもん〟に弱いよナァ

ラス・カシータス・デル・コルカ

テラスには温泉をひいた、ジャグジーがあり(寒かったので入りませんでしたが)、奥のバスルームはこんな感じで、外と中両方にシャワーブースがあります。

*ペルーは日本同様の地震国であり、温泉国です。マチュピチュの麓の村に温泉があります→【マチュピチュ】ふもとの村の観光もかなり面白い!温泉まである日本情緒満載

素朴感満載の素焼きテラコッタの容器に入ったシャンプーやコンディショナー。

ホテルの菜園で採れたハーブのお湯の元やデトックス効果のハーブオイルまでご用意です。

さて、もうヘトヘト。

明日は早朝から、いよいよコンドルに会いに行きます!

あ、寝る前に。

今回の旅行の無事とコンドルとのご対面を、ペルーの神さまにお祈りしてくださるという儀式がありました。

ペルーのシャーマン
©︎Matt Crossick/Belmond.

暗くてよく見えませんでしたが…ペルーのシャーマンの儀式での供物

おそらく、こんな感じの供物とかを焚き火にくべてたかと思われます。

ちょっとグロい。

でもペルーでは、こうしたアニミズムが根強く残っています。

で、最後に「コカの葉(コカインの元ですね)」の煙を各自に吹きかけ終了です。

そう。

このコカの葉を使ったコカ茶、高山病予防にいいので、じつによく飲みます…

乾燥した葉っぱごとムシャムシャ食べたりもしますが、違法じゃありません。

コカインではないのでね。

(高山病についてはコチラの記事が参考になります→マチュピチュの高山病対策5つ!標高のせいで登れなかったらシャレにならないヨ

さて、会えるかしらね、コンドル。

今回のペルー旅行の目的のひとつ、コンドルとご対面

コンドル

7時には朝食食べて、ホテルを出発。

コンドルを見るには、早朝がいちばん。

約1時間で「ミラドール・クルス・デル・コンドル=コンドル展望台」に到着です。コンドルの展望台

この辺りも標高3,500〜3,600m

ちょっと走っただけで心臓バクバク…

でも本日はコンドル日和!

がんがん飛んでます。

 

ペルーのコンドル

コンドル(正しくはアンデス・コンドル)は、空を飛べる陸鳥のなかで最大。

全長1m・体重15kgあるといわれてます。

そして、5,000mもの高さを一気に舞い上がることができ、滑るように飛びます。

ほとんど羽ばたきせず、風や上昇気流にのって悠然と飛ぶ姿は、クールとしかいえない。

しかもコンドル、5週間食べなくてもへいちゃら。

なんだかサムライの風格です。

アンデスのコンドル

で、コンドルは60年ほど生きて、生涯ひとつがい。

添い遂げちゃうんですね。

なんと愛情深い。

〝オシドリ〟より、もっと仲むつまじい夫婦鳥なんです。

で、ちょっとボケちゃってますが…

なんせ標高3,500〜3,600mですから。

ワタシB
いやいや標高高くても、別にピンボケにはならんし
ワタシA
コンドルは大型動物の死体に頭を突っこんで肉を食べるんで、血などで汚れて不衛生にならないよう、頭と首に毛が生えてません
ワタシB
あら〜ピンボケ話はスルー?
でも、だからハゲタカとかいわれんでしょ
ワタシA
両翼を広げると、3mにもなります

アンデスコンドルの後は、ペルー的屋外ランチ

このコンドルがヒュイーンと飛翔してるあたりがコルカ渓谷といって、谷底までなんと3,400mもの標高差があります。

そんな渓谷をバックにして、ランチです。

ホテルからシェフたちがやってきて、ペルー的タコスをさまざま作ってくれました。

メキシコのタコスより、生地がやわらかくて小さい。

で、これがまたシャンパンやビールによく合うのですが…

ワタシ、やや高山病気味にて、コカ茶で我慢です。

くぅー、シャンパン呑みたい。

 コルカ渓谷

シェフのおふたり、なんともいい笑顔でにっこり。

コルカ渓谷

で、標高差3,400mの谷底に落ちないようにしつつも、みんなこのポースで記念撮影。

でも、コンドルじゃないので。

ちと怖い。

さて、お腹もふくれたことだし、そろそろホテルに戻ります。

午後は、乗馬する人あり、トレッキングに行く人あり。

ワタシはもちろん、スパでインカ伝統のマッサージです。

おかぁさんの帽子がお洒落なのよ

と帰り道、峠の土産物屋さん。
コルカ渓谷

スペイン語話せなくても、買い物は手ぶりでOK。

支払いはUSドルでもOKでしたが、まぁレートは悪いですわね。

お土産物屋さんの後ろに広がる風景、棚田。

日本といっしょです。

で、おかぁさんの帽子、めちゃお洒落。

ペルーの女性、都会派以外は、みんな帽子をかぶってますが、この帽子がまた地方によって違います。

このアレキパ地方は刺繍が有名なので、帽子にもぎっちり刺繍。

で、後ろのツバを折りあげてて、なんか素敵。

さすが、かぶり慣れてらっしゃる。

マカ村では、鷲匠になってみる

ペルーのマカ村ペルーの特産物、精力増強の「マカ」が有名。

なんでも標高4,000mのところで採れる植物らしいですが、この村名は関係ナシ。

村の標高3,262mなんで、ここでは採れません。

で、白い聖アンナ教会。

聖母マリアのお母さんだから、聖祖母アンナですね。

ピンクとペパーミントグリーンの飾りがまた、女子風。

で、教会にいたペルーのおばちゃんと日本のおばちゃんです。

村の道(広場とかじゃなく)では、鷹匠ならぬ鷲を腕に乗せたり、頭に乗せたりの鷲匠パフォーマンスをさせてます。

コンドルならぬイーグル。

しかし、鷲は…、重い。

ペルー旅行、ついに初酸素吸入体験!

コンドル見て、鷲匠やって、思い切り遊んだわけですが。

思わぬ落とし穴が、待ってました…

アレキパ県の伝統的なダンスです。

(音が途中から切れちゃってますが、よろしければご覧ください)

刺繍びっしりの衣装のサーキュラースカートでくるくる回ります。

男子も女子もくるくる、くるくる。

で、ワタシ、このダンスを先頭から撮りたくて走ったところ…

 

一気に高山病。

酸素飽和度73%の脈拍136。

高地で、走っちゃ、ダメです。

でもホテル「ラス・カシータス・デル・コルカ」なら、一家に一台酸素吸入器が用意されているので、大丈夫。

さて明日は、いよいよ豪華列車の旅です!

コルカ渓谷まとめ

ペルー旅行、1日めの移動距離を考えると…恐ろしい。

それでも、コンドルのクールな飛びっぷりを見ると、なんともいえずの感動です。

コルカ渓谷に行くには、信じられないほどの標高の地を行きます。

それだけ天に近い。

だから…空気が澄んでる分、日焼け止め必須です。

そして高山病対策をお忘れなく!
(→マチュピチュの高山病対策5つ!標高のせいで登れなかったらシャレにならないヨ

明日からは、豪華寝台列車に乗りますが…その前に。

噴火したアンパト山、標高6800mに寄るそうです。

寄らなくていいのに…

Belmond Las Casitas Del Colca ベルモンド・ラス・カシータス・デル・コルカ
住所 Parque Curiña S/N Yanque – Cañón Del Colca, Yanque, Peru
サイト 公式サイト
料金の目安 1棟(カシータ)約6万円

*豪華寝台列車「アンデアン・エクスプローラー」に乗車して、このホテルに宿泊することもできます。
「ベルモンド・ラス・カシータス・デル・コルカ」に宿泊してコンドルを見て、列車の旅を楽しむこともできます。
もちろん、このホテルにだけ宿泊することも可能です

日本語でホテルを予約する

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!