【シンガポール発ショートクルーズ】は初海外に強力おすすめ!

ショートクルーズのアイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

 

初めての海外旅行はワクワク感もハンパないが、ドキドキ気分もいっぱい。

旅行会社のパックツアーなら安心感はあるかもだけど、ちょっとツマラナイ。

そこで、おすすめ。

シンガポール発の豪華客船ショートクルーズ!

シンガポールまで飛行機で行って、そこから豪華なクルーズに乗って何ヵ国か回る旅。

現地での移動の心配をしなくていいし、寄港地で観光もできるのがポイントです。

なにせ〝初海外〟だから、日本からスムースに行けて、治安のいいシンガポール発着のショートクルーズを強力推奨。

3泊4日のクルーズで、ペナンとプーケットの2ヵ所に行ける「ゲンティン ドリーム」号のクルーズがよきです。

料金6万8600円〜。

食費やアクティビティ料金込みのオールインクルーシブです。

おすすめの理由、詳しく書きます!

*「ゲンティン ドリーム」号のクルーズについてを先に見たい方はコチラの3記事をどうぞ。
【ゲンティン ドリーム】号での船旅は評判どおりイケてる!〜乗船記
【シンガポール発アジアンクルーズ】濃縮3泊4日のペナン&プーケット巡り
【クルーズ船ランクの選び方】緊張しないで豪華客船気分を味わいたい

シンガポール発ショートクルーズが初海外にイイ理由

船の丸窓からの景色の画像

  1. 飛行機で海外へ!に挑戦 初めてパスポートを使う!
  2. もっともメンドウな都市間移動の問題が少ない
  3. ダイジェストで回るショアエクスカーション
  4. 前後の飛行機移動+3泊4日の日程がころ合い

初めての入出国審査。パスポートを提示

パスポートの画像

ついに!

日本を離れるときがやってきました。

手荷物の保安検査を済ませたら、出国審査です。

ま、日本を出るときは言葉も通じるし、心配なし。

シンガポールの空港も、厳しくないので心配ご無用。

入国審査の後に返却される出入国カードの半券を失くさないようにするのが注意ポイントです。

[su_note note_color=”#f4f4f3″ text_color=”#170000″ radius=”19″]シンガポールでの入国審査の流れ:
1.パスポートと出入国カードの提示
2.親指のスキャニング
3.パスポートと出入国カードの半券(出国時に必要)返却
4.帰りの航空券(Eチケット)の提示を求められることも[/su_note]

海外旅行のネックはスーツケースとの移動

スーツケースの画像

1都市滞在の旅行ならば問題ありません。

空港〜ホテルの移動だけクリアすればいいだけなので。

でも、せっかくの海外だから何ヵ所か周りたいと思う人は多いはず。

そんな移動の支障となるのがスーツケースです。

大きいし、重たいし。

でもクルーズなら、船に乗ってしまえば、後は寝てるだけで次の目的地に連れて行ってくれるという。

*シンガポール発のゲンティン ドリームのクルーズなら、空港チェックインで荷物が船室まで届きます!

下見と割切る寄港地観光

プーケットのお寺の画像

クルーズには寄港地での観光「ショア・エクスカーション」が用意されてます。

現地ツアーということ。

英語のガイドさんに連れられて、主な観光地を巡ります。

(スポーツや自然に特化したツアーもあります)

自分で下調べして、ツアーに参加せずに観光するのもアリですが…

乗船時間は厳守なので、帰りの足はきっちり確保しましょう。

まあ初めての海外旅行だったら、現地ツアーに参加するのが楽です。

英語ができなくとも、説明チンプンカンプンでも、いろんな場所には行ける!

この場合、次の海外旅行の下見と考えればよいのではと思います。

駆け足ながらも主要な観光スポットを訪れるので、気に入ったら次はゆっくり来ようと思えばいいわけで…

初めての外国だから、次につながる楽しみ方があると思います。

初海外は最長1週間くらいがいい

バルコニー付きのキャビンの画像

初めての海外旅行は楽しくて興奮もしますし、緊張するのでさらに疲れます。

でも、あんまり短くてもモッタイナイ。

1週間くらいを目安にするのがいいのではないかと思います。

日本〜シンガポール+3泊4日のクルーズは、ちょうどいい長さです。

だからこそのショートクルーズ推し!

シンガポール発「ゲンティン ドリーム」のショートクルーズがイチ押しの理由

シンガポール出港直後のゲンティン ドリーム号の画像

  1. 日本から直行便で行けるシンガポール
  2. 日本の空港〜船室まで荷物移動の心配ナシ
  3. 船内、基本は英語だが、日本人スタッフ常駐で安心
  4. 3泊4日でシンガポールとマレーシア、タイ3カ国訪問

*2 の荷物、スーツケースの移動ですが、行き先が「シンガポール」で「ゲンティン ドリーム」利用でだけ受けられる、シンガポールのチャンギ空港のサービスです。
詳しくはここをクリック!

初海外。フライトは直行便を選ぶ

飛行機の画像

初めての海外旅行でも、準備をきちんとして、南米だろうとアフリカだろうとどこへでも行けばと思う、スパルタなワタシです。

興味があるところに行くのがいちばんだから!

でも確かに…

外国の空港での乗り継ぎはちょっとハードル高いかも。

とくに英語ができないと不安は募りますよね。

なので、日本から直行便が飛んでいる国がおすすめ。

シンガポールなら、約7時間のフライトで短くもなく長くもなく、いい経験になると思います。

日本〜船室まで運ばれるスーツケース

オーシャンビューのキャビンの画像

シンガポール発「ゲンティン ドリーム」のクルーズなら、日本の空港で荷物を預けたら、そのまま船室まで運んでくれます!(事前手続きが必要)

【シンガポール発アジアンクルーズ】濃縮3泊4日のペナン&プーケット巡り
で紹介していますが、これ、とってもありがたい。

スーツケースを気にせず、シンガポールの観光ができます。

[su_note note_color=”#fffee0″ text_color=”#170000″ radius=”19″]【サブバッグにちょっとした着替えを用意】
スーツケースがキャビンに届くまで。
ちょっと時間がかかることがあります。
なにせ何千人ものゲストが乗り込むわけですから…
すぐにあると便利な着替えなどを、手持ちのサブバッグに用意しておくとよき[/su_note]

日本人スタッフ常駐の心強さ

初めて海外旅行に行く際、個人手配の旅行に踏み切れない理由のひとつが、言葉の壁です。

英語喋れないと…

何か起こったときに不安。

多くの日本人が、そう考えます。

最近は翻訳機や翻訳ソフトも充実してますが…

「ゲンティン ドリーム」のクルーズなら、日本人スタッフが最低でも1名乗船しているので、イザというときに安心。

日本人ならではのメンタリティを理解してもらえるのも大きいです。

初海外で、3ヵ国を効率よく周れる

夜景のゲンティン ドリーム号の画像

シンガポール発着のクルーズって、たくさんあります。

でも、3泊4日のショートクルーズだと、多くのクルーズは寄港地が1ヵ所。

マラッカだけとかペナンだけとか…

2ヵ所寄っても同じマレーシア内です。

でも、「ゲンティン ドリーム」のクルーズだとマレーシアのペナンとタイのプーケットに行けます。

マレーシアとタイという違う文化に触れることができるので、これ、とってもおすすめなんです。

まとめ

シンガポール発の「ゲンティン ドリーム」号のクルーズは、気楽なのに優雅で大人な側面もあるので、初海外の人でなくともおすすめです。

[su_note note_color=”#f4f4f3″ text_color=”#170000″ radius=”19″]でもとにかくの推薦理由:
・アクセスにストレスが少ない
・短い日程で3ヵ国周れる
・ショアエクスカーションで次の海外旅行の下見ができる
・常駐の日本人スタッフがいる[/su_note]

だから、日本〜シンガポール間の初海外フライトという冒険がこころ安くできるので、初めて海外旅行に行く人に、超おすすめ!

[su_note note_color=”#fffee0″ text_color=”#170000″ radius=”19″]【関連記事】
乗船する「ゲンティン ドリーム」号の基本情報は
【ゲンティン ドリーム】号での船旅は評判どおりイケてる!〜乗船記


寄港地での様子や船内アクティビティについては
【シンガポール発アジアンクルーズ】濃縮3泊4日のペナン&プーケット巡り


よりラグジュアリーなクルーズを楽しむためには
【クルーズ船ランクの選び方】緊張しないで豪華客船気分を味わいたい

[/su_note]

[su_divider top=”no” style=”dotted” size=”2″]

今回ご紹介したシンガポールクルーズは、日本からの航空券とセットになったパックツアーもたくさんあります。

個人手配の旅行の肩ならしにという方は、クルーズのみの手配を扱っているコチラがおすすめ>>クルーズプラネット

取材協力:ドリームクルーズ日本語公式サイト

この記事を書いているのはトラベルジャーナリスト【旅オモ】管理人

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

大沢さつき
トラベルライター。雑誌「CREA Traveller」の特集を主に6年間やらせていただき、すっかりトラベルライターになりました。ELLE ON LINEやCREA WEB、ANA SKYWEBにも寄稿してます。 ただいま気になるのは中南米で、ペルー、アルゼンチン、コスタリカ、メキシコにがターゲットです。もちろんアフリカ、とくにオマーンとナビブ砂漠にも〜 いやエジプトにも行きたい! と、夢は尽きない状態であります。

2件のコメント

  1. いつも楽しく拝読させていただいております。
    ひとつ質問させてください。

    私たちにとって初めての海外旅行です。
    年末にシンガポールへ飛行機で行き、そのままマレーシアとタイに寄港する4日間のクルーズ船での旅行を楽しんでくる予定です。
    その後シンガポールに3日間滞在してから帰国するのですが、初日のシンガポールへ入国する際のチャンギ空港での入国審査について教えてください。
    入国カードの滞在先は、クルーズ船名を書くのか、後半に宿泊するシンガポールのホテルを書くのか、どちらがいいのでしょうか?
    よろしくお願いします。

    今後の益々のご活躍を祈念しております。

    1. フジ 様

      いつも読んでいただきありがとうございます。

      年末のクルーズ、素敵ですね!
      羨ましい限りです。

      クルーズ船乗船時には、シンガポールから出国手続きをし、下船時にまた入国手続きをすることになります。
      ですので、日本からシンガポールへ入国するときは、滞在先をクルーズ船にしてください。

      楽しんでいらしてくださいね。
      ぜひ、帰国後の感想もまたコメントしてください!

      これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください