5分で、リモワのスーツケースの大掃除

リモワのスーツケース
LINEで送る
Pocket

スリランカ取材中に骨折し、すっかりスーツケースを放置していたので、御用おさめのクリーニングです。

なかを掃除機できれいにしたら、ざざっと外回りを拭き掃除。

で、厄介なのがシール。

ほんとコレ、もうちっとハがしやすくできないかね〜と毎度思いつつも、セキュリティシールがかんたんにハがれてもマズかろうというわけで、いたしかたありませぬ。

が、ホテルのつごうでペタペタ貼られるシールには、ちょっとね。
正直、ムカつくときがあります。

シール剥がし

まぁ、シールはがしが出回るようになって、この作業も数分で完了できるようになったので、許しましょう。

と、恥ずかしながら…ワタシ、シールはがしの存在を最近知ったのですが…

で、ワタシの場合は、液状とゼリー状、2種類のシールはがしを使ってマス。

液状が仕上げというか、紙部分は難なくハがせたが、ペタペタしたのが残ってるときに使う。

このなんとなくペタペタした部分を落としてやるだけで、けっこうスーツケースはきれいになります。

ワタシは、軽いし、微妙にふくらんでカサのある荷物を吸収してくれるので、リモワを愛用しています。

サイズは2種類ですが、取材の期間や内容、季節によって使い分けます。

暑い国で、取り立ててドレスアップの必要のない場合は、1週間くらいなら機内持ちこみのキャリーバッグでOK.。

できるだけ身軽がいちばんと心得マス。

ま、オヤジ化したオバチャンなので、ヒト目をどんどん気にしなくなってるというヤバイ状況でもあるんですが…

 

限定色のリモワの白を持っている友人が2人いますが、かたやどんどん薄汚れ、かたや新品同様。

きれい好きのほうの友人は、旅先でもせっせと消しゴムで汚れを落としてました。

やっぱり白はきれいでないとネ。

私のようなズボラには絶対もてない色です。
ムリ…

ここから追加情報です

リモワの掃除クリーム

高すぎる! リモワ専用クリーム

 

ズボラ極まれりで、最近、リモワ専用のクリームの存在を知りました。

あ、ポリカーボネート(軽くて丈夫なプラスティック素材)専用です。

で、これがナント! すんごく高い!!!

104gしか入ってなくて、定価6,300円って、そらムリだわ。
(ちなみに某ショッピングサイトで3,480円デシタ)

でも、けっこう売れてるらしい…ナゼ?

 

なんでも、掃除というより磨きをかける! ためのクリームとか。

研磨剤が入っているので、細かいキズがキレイになるそうナ。

リモワ リペア クリーム(ポリカーボネート用)RIMOWA polish & repair paste

 

ワタシなんかは「うー、どうせ空港でバンバン投げられるんだから、そこまでキレイにしなくても…」と、思っちゃいますが、ヒトそれぞれですからね。

 

中性洗剤で洗ってみれば

 

と、ちょっと調べてみたところ、ポリカーボネートの汚れが気になる場合は中性洗剤(台所用洗剤とかですね)がよいとのこと。

それでもダメなら「イソプロピル」というアルコールで落とせとありました。

「イソプロピル」アルコールは、消毒用のアルコールなので薬局で買えます。
(ちなみに某ショッピングサイトで、500ml・1,620円)

プラスチックなので、シンナーやベンジンは不可です。

なので、上でおすすめしたシールはがしを使う場合、いちおプラスチックに使用できるものかのご確認を。

多くのシールはがしがOKのようですが、念のため。

 

それでもキズが気になるなら

 

キレイ好きの人。

細かなキズを消したくば、プラスチックなので、プラスチック・クリーナーですよ。

クルマを持ってるヒトは「コンパウンド」とかお持ちでは? これでOKです。

どちらもホームセンターで売ってるし、容量あって、そんなに高くないです。

 

でも、あくまでも自己責任でお願いしますデス。
心配なヒトは、リモワ専用クリームのご購入をご検討くださいネ。

 

*旅行前の準備は→スーツケースのパッキング。連泊の少ない旅行にはこう詰めろ!を参考にしてください。

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!