「地獄に落ちやがれ!」 その1

ローマの彫像
LINEで送る
Pocket

あれはイタリア。

もといバチカン市国。

サンピエトロ広場を抜けて乗った、タクシーでの出来事でした。

女子3人。

お気楽観光旅行まっ最中にて…

「やっぱシスティナ礼拝堂すごかったねぇ」

「うん。でもちょっと首痛くなっちゃった」

「で、次●●でランチでしょ。すっごく楽しみ〜」

スポンサーリンク

ワタシ、なぜか助手席。

で、ワタシが助手席に座ると、イタリアでは何かが起こる…

 

ま、助手席なんで、当然、支払う準備をします。

日本人、律儀。

忙しいタクシードライバーさんを待たせてはいけない。

目的地に着いたら、さっと払って、次の稼ぎに送り出さねばです。

 

が困ったことに、財布には100ユーロと5ユーロ紙幣しか。

こりゃ足りんわ。

もちろん後部席のふたりから徴収すりゃ済むんですけど…

ランチになに食べるかで盛り上がってるし。

ま、まだ目的地まではかかりそうなんで、聞いてみましたよ。

 

「あのさ、100ユーロしかないんだけど」

「ふぅ〜ん。

どら、ちょっと見せてみ」

と、こんな短い会話でも、英語+イタリア語+ジェスチャー総動員です。

 

で、性善説にもとづいて生きてるワタシ、ドライバーの兄ちゃんに100ユーロ紙幣渡しましたよ。

ええ、たしかに渡しました。

 

「こら、どうかなぁ。

小銭とかないの?

ちょっと数えてみ」

ええ、そうなの〜?

と、ジャラジャラ小銭を数えはじめるワタシ。

 

そう。

海外では…ついついメンドウで、小銭のたまるワタシです。

日本だと、レジで人を待たせても、1円玉を探すワタシなのにね。

 

と、どうでしょう。

なんやかやと10ユーロ近くあるじゃん!

これならOKだわ、と安心したのもつかの間。

あれ、100ユーロ返してもらってナイ!

おいおい。

 

「あのさ、さっきの100ユーロ返してもらってないんだけど」

「なに言ってんの?

さっき返したじゃん」

 

ここでもまだ性善説のワタシ、ごそごそ自分のバッグを調べます。

でも、ナイ。

 

「やっぱり、返してもらってないよ」

「そんなことないよ〜

××××××××××××××××××××××××」

と、このヤロウは、この辺りからイタリア語しか喋りません。

 

おぅおぅ上等じゃん。

ナデシコ、なめんなよっ!

と、窓の向こうに見えたパトカー〜、素敵!

そして車体脇の『POLIZIA』の文字ですよ。

 

「ポリッツィア! ポリッツィア!」

くり返すことで、警察に連れて行けと言ってるつもりのワタシです。

 

で、このヤロウは

「警察が来るぞ! 警察が来るぞ!」

とでも思ったのでしょう。

あっさり、100ユーロを上着のポケットから出しました。

そして、パトカーから離れたところまで行き、ワタシたちを下ろすと、支払いを待たずに脱兎のごとく走り去ったのでした。

 

降ろされた場所は、ほとんど目的地。

で、支払いもせずに済んだのですが、ワタシ…

「地獄に落ちやがれ!」

叫んでましたね。

良い子のみなさんは決して、真似しないように。

まとめ

バチカンは世界中から信者+観光客の集まる、まさにお上りさん大集合の場所です。

つまりは、スリ、かっぱらいなどなどの狙い目。

くれぐれも気を抜いてはいけません。

 

そして、何かあったら「ポリッツィア!」

はい、みなさんご一緒に。

「ポリッツィア!」

 

これでアナタも、イタリアの達人です。

 

そう。賢明な方なら冒頭からお気づきでしょうが。

「その1」があるということは、「その2」も「その3」もあります。

では、きょうも一日、お元気で〜

イタリアにご興味がある方は、こんな記事もおすすめです
シチリア旅行でローマ時代のビキニのオ姉サンに会う

圧巻! 世界遺産。モザイクづくしの街ラヴェンナ1

よろしかったらポチっとお願いします!

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す