【イサベル波乱のスペイン女王】アルハンブラ宮殿でのロケが登場!

番組案内の画像

 

イベリア半島からアラブ勢力を駆逐するレコンキスタ、スペイン統一を成し遂げた女王。

このスペイン史上もっとも重要なイサベル1世のTVドラマが、熱いです。

2019年7月18日の14時30分~〜BS日テレで再放送がスタートしています。
↑ 番組は19話まで進み、いよいよイベリア半島最後のイスラム王国のグラナダも登場。
アルハンブラ宮殿でロケなんて! ゴージャスです。

スペイン好きならずとも、歴史ファンは録画してでも見ないと!

スペイン全土で行われたロケは、スペイン旅行を計画してる人も必見。

豪華な衣装やセットは、日本の大河ドラマと同じで見応えあります。

 

スカパーの歴史ドラマ専門「チャンネル銀河」だと日に3回放送

↑ チャンネル銀河の「イサベル 波乱のスペイン女王」番組サイト

日本での初放送時はスペイン大使館で試写会!

スペイン国営放送のこの「イサベル 波乱のスペイン女王」が日本で初放送されたのが、2017年の夏。

駐日スペイン大使館で、第1・2話のダイジェスト試写会とレセプションパーティが開かれるなど、それはもう湧いたのでした。

スペイン大使が挨拶をするくらい、イチオシの作品ってことです。

舞台はスペイン全土

ドラマは、スペイン統一を成し遂げたイサベル女王の幼少期からはじまります。

その後カスティーリャの女王となり、さらにはアラゴン王国のフェルナンド王と結婚し、グラナダでアラブを駆逐してレコンキスタを完成させる。

セゴビアでの戴冠やもちろんグラナダでのロケ、そのほかセゴビア、カセレス、セビリアなどなどイサベル女王が旅したスペイン各地でのロケが行われてます。

だから、スペイン旅行を計画してる人は必見だし、スペインを訪れたことのある人は「ああ、あそこだ!」と旅を振り返ることができる番組です。

イサベル女王はじめキャストの衣裳が豪華

イサベル女王が活躍した15世紀のスペイン。

ドラマでは、プラド美術館が所蔵する絵画をはじめとする有名な絵画作品を忠実に再現しています。

衣裳や構図、舞台設定など、アート好きにもたまらないドラマに仕上がっているのです。

ドラマ「イサベル 波乱のスペイン女王」のクオリティの高さは、スペイン国内外で数々の賞を受賞していることからも伺えます。

本編の「イサベル 波乱のスペイン女王」は3シーズン39話ですが、その後イサベル女王の孫のカルロス1世や娘のフアナ女王のドラマが製作されるほどの人気シリーズです。

番組のサイトはコチラ→「イサベル 波乱のスペイン女王」番組サイト

↑ 番組サイトで放送済みの回と翌日のあらすじが見れます
人物相関図もあるので、いまから見はじめても内容についていけるのが嬉しい

スペイン本国の番組サイト(スペイン語のみ)→ISABEL

 

ドラマを観るのにイサベル女王、レコンキスタの復習をしたい方はコチラ→【5分でわかる】スペイン、アンダルシアの歴史。旅行に行くなら知っとこ!

 

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください