【サグラダファミリア】見え過ぎ注意!のガウディズ ネスト宿泊で驚異の夜


ズバリ〝サグラダファミリアが見えるホテル〟はココ、「ガウディズ ネスト」。

あっぱれな絶景。

言葉ナシ。

間違いなく、サブラダファミリア鑑賞のベストロケーションです。

夜22時。

ライトアップの灯りが消えて、寝静まったサグラダファミリアも満喫できます。

どんな超高級ホテルにも負けない眺望。

いやホント。

ガウディズ ネスト」からの光景は脱帽ものです。

サグラダファミリアを十二分に堪能したいなら「ガウディズ ネスト」に泊まるべき。

サグラダファミリアに入場料を払っても、この絶景は見れません。

>>agodaでこのホテルの予約を調べる
>>Expediaでこのホテルの予約を調べる

一目瞭然のベストロケーション

ガウディズネスト別館の部屋の画像
サグラダファミリアから見たガウディズネスト別館

ガウディズ ネスト」の位置を地図で確認すると、公園以外、サグラダファミリアの眺望をさえぎるものがありません。

公園越しに「生誕のファサード」側、いわゆる世界遺産に登録されている部分のサグラダファミリアを部屋から眺められます。

この絶景ロケーションが確保できるのは、公園の一端に並ぶアパートの部屋から以外はありえません。

逆に、もちろん「ガウディズ ネスト」もサグラダファミリアから見えます。

で、「ガウディズ ネスト」以外にAirbnbにもこの一角にひと部屋ある模様。

こちらもかなりの人気で、値段も決して安くない。

ガウディズ ネスト」も元々はAirbnbです。

おそらくこの絶景ロケーションで稼いだのでありましょう。

部屋数を増やし、レセプションを備え(時間制限あり)、2ツ星ランクのホテルになってます。

が、2ツ星ランクを忘れさせる、この眺望です。

サグラダファミリアの絶景だけで十分だが、部屋も悪くない

ガウディズネストの部屋で、朝食とサグラダファミリアの画像
近くのカフェで買ってきたカプチーノとショコラで朝食

スペインの場合、2ツ星にバルを備えると3ツ星ランクになります。

で、「ガウディズ ネスト」の客室。

ピカピカというわけではないけれど、清潔だし、さほど古びてもいないので問題ありません。

駅近などの場末のホテルより、いい断然。

家具もそれなりにオシャレを意識してますし。

キッチンは充実してて、洗濯機もありました。

バスルームも同様で、新しくはないけれど掃除が行き届いているので、ヤなことはなかったです。

ワタシ、ホテルにはかなりウルサイですが…

ガウディズ ネスト」ほどの絶景が見られるならば、後は清潔で安全ならばよし。

でも、そのレベルよりは上。

もちっと快適です。

サグラダファミリアが見えるベストな部屋

ガウディズネストの部屋から見るサグラダファミリアの景色の画像

ガウディズ ネスト」は全7室。

やはり高層階(3階以上)のほうが、公園の樹木に邪魔されずにサグラダファミリアがドンと望めます。

ゲストには屋上テラスが開放されているので、たとえ低層階ステイになっても、ワインを飲みながら暮れなずむサグラダファミリアを満喫できるので、それはそれで楽しい。

で、本館の6室はエレベーターなし。

チェックイン&アウトのときには荷物の上げ下ろしを手伝ってもらえますが、それ以外のときは多少の覚悟が必要です。

ワタシが泊まったのは、別館に1室だけあるAmartment 6。

エレベーターも古いなりにありました。

4階の部屋なので、この絶景。

ちなみにこちら別館に泊まっても本館の屋上テラスを利用できます。

ワタシはずーっと部屋で過ごしてましたが。

正直、日がな一日、部屋からサグラダファミリアを眺めて過ごしていたい。

出不精な旅人にさせる部屋でした。

2部屋+ダイニングキッチンのApartmento 6

ワタシが泊まった部屋は70平方mで寝室が2つ。

ダイニングキッチンがあって、バスタブ付きのバスルーム。

ガウディズネストのバスルーム画像

4人で泊まれます。

厳密にいうとホテルではなくアパートメント。

だから…

  • 部屋の掃除が入らない(ゴミも自分で捨てに行きます)
  • レストランはない
  • どの部屋も2寝室なので1-2名での宿泊にもったいない感がある

でも…

3泊だったので、掃除は気になりませんでした。
なんなら戸棚に掃除機がありました。

すぐ近くにカフェもスーパーもあるので、問題なし。
キッチンにコーヒーメーカーもアリ。

ま、部屋広々です。

夜になってもリビングの灯りをつけられない!

嵐の中のサグラダファミリアを部屋から見た画像
明け方の嵐。稲光の中のサグラダファミリアなんて、ガウディズネストに泊まってなきゃ見れない

ホテルでなくアパートメントであることのデメリットは全然感じなかった…

ただ、夜になってリビングの灯りをつけられないことのが、困りました。

って、ワタシが勝手につけなかっただけなんですが。

だって、ですよ。

この絶景。

部屋の灯りをつけると、窓に部屋の中が写ってしまい、せっかくのサグラダファミリアの眺望が台無しになっちゃうわけです。

なのでスマホを懐中電灯代りにして、ゴソゴソ動いてました。

もうね、いっときだってサグラダファミリアの景色を損いたくなかったから。

まとめ

〝サグラダファミリアが見えるホテル〟はアイレホテル ロセリョンが有名ですが、見えるのは建物越しで、しかも「受難のファサード」側。

「ガウディズ ネスト」からの絶景には…遠く及びません。

サグラダファミリア近くに泊まろうと思うなら、絶対「ガウディズ ネスト」がおすすめです。

Gaudi’s Nest

住所Calle Lepanto 273, del Barrio de L’Eixample-Sagrada Familia de Barcelona.
レセプション営業時間10〜18時(オンシーズンは20時)チェックイン14時・チェックアウト11時
公式サイト

ホテルの公式サイト

(スペイン語ですが各部屋の特徴を見るのに役立ちます)

電話(+34)-609-855-894

*ホテルの仕様や時間など変更されている場合もあります

>>agodaでこのホテルの予約を調べる
>>Expediaでこのホテルの予約を調べる

この記事はトラベルジャーナリストの大沢さつきが書いています
>>詳しいプロフィールはコチラ

【関連記事】
サグラダファミリアとは?名前と謎からわかるその意味、由来と全貌

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください