もっててよかったのプライオリティパス。コスタリカ・サンホセ空港の巻

コスタリカのサンホセ空港
LINEで送る
Pocket

 

中米コスタリカからの帰途。

せっかくのデルタのビジネスもココはラウンジなしとのことで、プライオリティパスOKの「VIP Lounge Costa Rica」へ。

ったくなんのビジネスクラスだよと悪態つきつつ、じつにもっててよかったネのプライオリティパスでした。

スポンサーリンク

ゲート5の目の前。階段降りて1フロア下がる

サンホセ空港で見送りをするシスターたち

サンホセ空港は広くないので、迷うことなく出国できます。

審査もいたってカンタン。

去るものは追わず状態で、見送りのシスターたちを見たりしながら出国です。

いったい、どれがオススメなんだいと思うほどおみやげもの屋さんにはコーヒーがならび、いくつかの棚には試飲用のポットも置いてあります。

お好きなセミプレシャスストーンを選んで買えばぁ的なモノもあり。

荷物が重くなければちょっとグルグルしたいところですが、そのガッツなし。

キャリーバッグでくればよかったと反省。

ロスの空港もそうだったけど、アジアの空港のように小さなカートがないのはツライ。

あれば、買いものの量も増えるのにネ。

で、小さな空港。ゲート5はほどなく見つかり、目指すラウンジは1階下なのですが、階段のところにいちおセキリュティのお兄さんがいます。

2,3時間の滞在なら十分なラウンジ

サンホセ空港のラウンジ

そんなに狭くはありません。

空港自体がリニューアルされて間もないので、このラウンジも新しく、まぁそこそこの清潔感です。

部分的にダクトパイプが見えるような天井にしたり、それなりにオシャレな雰囲気を演出しようと試みているのがわかります。

ロフト系とナチュラル系が混在しているので、マジメにチェックすると少し頭が痛くなりますが…。

 

PCは3台。

トイレは個室2(女子トイレしかわかりませんが)。

シャワーなし。

奥にVIPスペースがありますが、スタッフオンリー。

使っていないようで、将来を見すえてのスペース確保と思われます。

サンホセ空港のラウンジ

 

イスはカフェ仕様。

コンセントは壁にしかないので、充電したい人は壁ぎわの席を陣どってください。

少し仕事するくらいなら支障はないかと思われます。

ゴハンを食べたくば金を払えデス

サンホセ空港のラウンジ

食事情は…ふつうです。

朝だったからかシリアルとか、パンとかはありましたが、温かいオカズ的なものはナシ。

でも、チョコマドレーヌがあり、そしてコーヒーは、やはりおいしいです。

サンホセ空港ラウンジの食べもの

がっつり食事をしたい人は有料で注文。

メニュー数はけっこう多くてピザやラザニアもあるので、ワールドワイドで人気のメニューをそろえていると書いておきます。

寿司ロールもありました。

値段は安くない。

サラダで10〜12 USドルなので、コスタリカの物価を考えたら、とてもとても高い観光客用プライスです。

味はわかりませんが、食事の出るフライトに乗るなら、ここで食事をしなくてもいいんじゃないかなと。

サンホセ空港ラウンジのメニュー

結論は、必要最低限はそろっているラウンジ。

さほどの感激はナイ。

でも、空港ロビーの重い荷物に硬いイスを考えると、もっててよかったプライオリティパスです。

*プライオリティパスについての記事はコチラをどうぞ→プライオリティパスとは何?〜使い方・無料入手方法まで

VIP Lounge Costa Rica
営業時間/4:30−20:00(閉まるのが早いので要注意)
WiFi よくつながります

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す