【ドバイで絶対に泊まりたいホテル】1位のワン&オンリーがおすすめな理由

ワン&オンリーの部屋
ワン&オンリーの部屋

 

こぢんまりとしたホテルが好きな、ワタシです。

だから、ドバイのホテルは「ワン&オンリー ロイヤル・ミラージュ」に決まり。

トリップアドバイザー【2017年 ドバイで絶対に泊まりたいホテル! 10選】1位のホテルですが、ランキングされずとも、ワタシには〝絶対泊まりたいホテル〟。

で、ラマダン時期(2017年は5月27日〜6月25日)なら、およそ40%オフで泊まれるので、これまたおすすめです。

[6万円の部屋が3万6000円で泊まれるラマダン・マジックについては、こちらをどうぞ]→【2017版】ドバイのラマダン。この時期の観光はお得過ぎてメチャ楽しい

*中東=テロのイメージをもつ人も多いですが、ドバイのテロ危険度は欧米よりはるかに低いといえます。住民の80%が外国人労働者で、彼らは自国よりも好条件で働けるのでドバイにいます。残りの20%である国民は富裕層に属し、不満なく生活しているからです。もちろん絶対安全とは世界中どこの国にもいえませんが、テロに関する危険度が高くないのは確かです。

スポンサーリンク

まず、ドバイについておさらい

コーラン
「コーラン」の中はこんな感じ

はじめに、ざっとドバイについてを知っておきましょう。

国の雰囲気をイメージしてからのホテル選び、だいじ。

その国らしさを味わえるホテルに泊まりたいですものね。

中東アラブのリーダー

まず、ドバイというのは「アラブ首長国連邦=UAE」を構成している首長国のひとつ。

小さいながらも中東屈指のメトロポリスですが、建国は19世紀と、まだまだ新しい国です。

で、20世紀半ばに海底油田が見つかって、イケイケの発展。

その後「ドバイショック」と呼ばれるクライシスに見舞われながらも、2020年には中東初の万国博覧会開催が決定してる中東のリーダーです。

そして、イスラムの国なんだけど、けっこう開放的。

女性も社会に進出していて、重要なポストについてます。

世界一や世界最大が大好き

アトランティスホテルからの景色
人工島「パーム・ジュメイラ」のホテルからの景色。奥の高層ビル群がボケているのは、早朝36度の高温のため。ウデが悪いからじゃないのよ〜

世界有数の観光国でもあるドバイには、世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」や世界一大きな人工島「パーム・アイランド」、世界最大のショッピングモール「ドバイ・モール」などなど…

とにかく世界一のものがたくさんあります。

そして、小さな漁村をガンガン開発して高層ビル街をつくってきたので、そらぁもう人工的です。

ワタシは基本、自然志向ですけど、ドバイほど突き抜けてるとアリですね。

ちょっとSF的でもありますし。

灼熱+お金持ちなので、バス停もエアコン仕様というのにはノケゾリましたが…

とにかく、いろいろハンパないです。

ドバイだもの、アラブな雰囲気がなくっちゃ

ドバイのお皿

と、高層ビル街のドバイなので、ホテルもたくさん林立してます。

ただ、どれだけ趣向を凝らしても、高層ビルは高層ビルなんで、全体の雰囲気は似ちゃいますよね。

客室のインテリアがアラブでも、部屋に至るまでの雰囲気も大切ですし。

せっかく日本から10時間以上もかけて飛行機に乗っていくのだから、やっぱりアラブらしさに囲まれたいと思います。

高層ホテルより、低層ホテルがおすすめ

ドバイのワン&オンリー
右が「ワン&オンリー ロイヤル・ミラージュ」のレジデンス。左がスパ棟

そこでおすすめなのが、低層ホテルです。

低層ホテルはドバイにも何軒かあって、どこもアラビックな雰囲気を演出していて素敵です。

がやはり、 No.1は「ワン&オンリー ロイヤル・ミラージュ」。

ここがいちばん洗練されてる。

〝ナンバ〜1で、オンリ〜1 ♫〟な、欲張りなホテルです。

で、このホテルには雰囲気、インテリアの異なる3つの建物がありまして、

  • アラブの宮殿をモチーフにした「ザ・パレス」
  • いちばんアラブの雰囲気むんむんの「アラビアンコート」
  • 隠れ家的な「レジデンス&スパ」

いずれの建物もアラブらしさに包まれていて、すっごくドバイに来た気分に浸れます。

[ホテルの敷地図]
ドバイのワン&オンリーの敷地図
©︎One&Only Royal Mirage

ホテル内での部屋くらべ

ちょっと客室を比較してみます。

全部リーズナブル料金の部屋です。

ドバイのワン&オンリーの部屋

これが「ザ・パレス」の「スーパー・デラックスルーム(45平方m)」

シンプルシックですが、ヘッドボードの柄や鏡の縁の細工などがアラブ〜です。

7月3日(月)の料金32,708円(公式サイトでの換算・4月17日調べ)

ドバイのワン&オンリーの部屋

「アラビアンコート」の「デラックスルーム(50平方m)」

ちょっとアラブ感がアップしてます。カーテンの透かしにも注目ね。

7月3日(月)の料金35,224円(公式サイトでの換算・4月17日調べ)

ドバイのワン&オンリーの部屋

「レジデンス&スパ」の「プレステージルーム(58平方m)」

グッとクラシカルな雰囲気。鏡の形やちょっとした細工にアラブな感じを演出。

7月3日(月)の料金48,307円(公式サイトでの換算・4月17日調べ)

偶然、撮影した全室、若草色なインテリアでそろいましたが、知人の部屋は紫バージョンでした。

ワン&オンリーの部屋

紫好きのワタシは、こっちのがよかったなぁ。

と、ワタシが泊まった「アラビアンコート」の「デラックスルーム」、バスルームもご紹介しておきます。

ドバイのワン&オンリーの風呂

シャワーブースが別仕様で、ちょいちょい壺とか飾ってあるのがいい感じでした。

スーツケースに入っちゃうサイズだったら…持ってきちゃったかも〜(良い子のみなさんはそんなこと考えちゃダメですよ。もちろんワタシも考えただけです)

ホテルのアラブ風を真似するのがおすすめ

ワン&オンリーの部屋

このホテルに泊まると分かるのですが、とにかくセンスがいい。

〝アラブ〟の取り入れ方に抑制が効いているので、モダンなんです。

だから、ちょっと真似したくなっちゃう。

夏なんかだと、エスニックなインテリアって、日本でもしたくなるじゃないですか!

バリっぽいとか、タイ風とかもいいけど、ドバイ的インテリアっつうのもいいなと思わされます。

「ザ・パレス」でモロッコ風堪能

ドバイのワNん&オンリ
「ザ・パレス」の外観。エントランスを飾る黄金の銅像は、UAE創建の伝説に登場する7人の首長たちなのだそうな

最初に建てられたのが、このパレス。

ビーチフロントの宮殿ホテルで、231室もあるのに、とてもコージー。

アラビア湾に面して開けているだけでなく、広〜い緑の庭園に囲まれているので、ゆったりしていて落ち着きます。

ドバイのワン&オンリーロビーに入ると高い天井を彩るカラフルな幾何学模様。

南国感あふれるアラブ風です。

ここはアラブの中でも、モロッコの雰囲気でまとめたスタイルとのことで、

繊細な細工をほどこした飾り模様を見ていると、ちょっとスペインのアルハンブラ宮殿を彷彿させます。

アルハンブラ宮殿をつくった職人さんたちは、北アフリカの人が多かったから、当然かもですね。

そしてこのロビーの奥にあるラウンジがまたお洒落。

生花がふんだんに活けてあって、華やかっす。

ロビー階の下、ガーデンに出るスペースにもラウンジがあり、むちゃデコラティブだが絶妙という高度なインテリアが楽しめます。

黒×白の市松模様とジュエリーブランドの「ヴァン・クリーフ アーペル」の〝アルハンブラ〟みたいな模様、並べますかっていうセンス。

(あ、女子トークなので、男子はスルーしてください)

で、外に出ると、こんな景色が。

このパレス最大の魅力は、やはり海とアラブな庭園。

薄暮に染まるアラビア湾は、美しい…

ドバイのワン&オンリー

紫好きなら、ここのラウンジおすすめ

「ザ・パレス」のロビーラウンジは、紫がメインカラーなので、紫好きのワタシとしてはコーフンものです。

紫+オレンジなんて、もうヤられちゃいますね。

花まで紫で攻めてくるので、たまらんです。

で、洗練されててモダンなんだけど、しっかりアラブの香りというしつらえは、さすがです。

「アラビアンコート」がいちばんアラブしてる

ワン&オンリーのインテリア

「アラビアンコート」は172室。やっぱりこぢんまりしていて、ゆっくりできます。

で、ここの空間も洗練されてるのですが、日本に帰ってからいちばん真似しやすいインテリアかも。

廊下のつきあたりのスペースや、ロビーやラウンジのコーナーなど、ちょこっとした場所にアクセントとして飾られているものが、おみごと。

アンティークのタペストリーがあまりに素敵だったので、大胆にも売ってないのかと聞いたところ…

「マダム、これはホテルのオーナーが、趣味で集めたものなんで…」。

イヤ、売りますよとかいわれなくてヨカッた。セーフ。

ワタシのお財布で買えるはず、ありません…

感化されやすいワタシ…花

日本に帰ってから、アラブな気分のまま花を飾ってみました。

ちょっと花瓶が小さいけど、はは…気にしない気にしない。

いちお研究してみた結果、ワン&オンリー的インテリアを真似するなら、まず色使いをコピー。

次にアラブ的柄もの、幾何学模様とか唐草模様を少し取り入れる。

写真じゃ分からないですが、ウチの部屋の壁紙も何気に唐草模様です。

で、味つけにタッセル。

タッセル使いは、モロッコでもよくしてましたが、ほんとあのフサフサしたのが好きみたいです。

ドバイのワン&オンリーの部屋
あら、テーブルランナーのタッセルが写ってない…

スポンサーリンク

〝すべて心得てる〟ホテルの高次元サービス

ドバイのワン&オンリー入り口
このゲート手動なのに…撮影のために何度も上げたり下げたりしてくれたのでした。ありがとう!

このホテルの取材は、なんせ広いのでたいへんでした。

結局ホテル3軒分ですから。

で、早朝からカメラ片手にうろうろしたわけです。

ま、不審者ですよね。

ところがスタッフみんな協力的。ニコニコしながらゲートを開けてくれたり、被写体になってくれたり…

これ、事前に送ったワタシの顔写真が、手配書のように各部署に配られているからなんでして。

顔写真を送れといわれたときには?でしたが、この対応に!。

過去いちばん、取材のしやすいホテルでした。

それだけセキュリティに配慮しているということでもあります。

連携プレイ、みごと

ま、みんな取材しにこのホテルに行くわけじゃないですけど、〝ことほどさように〟気の利いたホテルです。

3つの棟を行き来するには、シャトルバスがありますが、カートを呼ぶこともできます。

この手配がじつに早い!

イラチな日本人には、ものすごく嬉しいサービスです。

で、これだけ広くて3棟仕様の複雑さだと、「え、聞いてないっす」ということがままありますが…

たとえば「アラビアンコート」のレセプションに、「ザ・パレス」のナイトクラブの予約を頼んだ場合とかですね。

3日間、すべてのことがスムースでありました。

これって、意外かもしれないけど、かなりレアなこと。

そして大げさじゃないけど感じのいいサービスが共通項という、なかなか唸りもんのサービスでした。

ホテル内8つのレストランから選べるので、おすすめ

ワン&オンリーのアフタヌーンティ
各ラウンジでアフタヌーンティーが楽しめる

各棟には、もちろんそれぞれレストランがあります。

  • 「ザ・パレス」には4個のレストランとロビーラウンジとナイトクラブ
  • 「アラビアンコート」には3個のレストランとサモワールラウンジ、ルーフトップテラス
  • 「レジデンス&スパ」にはダイニングとラウンジのライブラリ

で、レジデンスのダイニング以外は、みんな自由に行き来が可能。

レジデンスに泊まった人だけ、すべてのレストランが利用できるという恩恵にあずかれます。

ま、ここ隠れ家かつスペシャルなんで。

ワタシは朝食をパレスとアラビアンコートで食べましたが、どちらも微妙に違ってておいしかったし、楽しめました。

朝食が2タイプ選べるなんて、贅沢だよね。

どちらも卵料理をつくってもらいましたが、ほとんど待たずにつくってもらえました。

左がアラビアンコートで、右がパレスのビュッフェです。

さらには、ボートで5分のところにある「ワン&オンリー ザ・パーム」のレストランを利用することもできるという素晴らしさ。

ここのダイニングは、有名かつイケメンなフレンチシェフのヤニック・アレノ監修なんで、かなりハイレベル。

ワタシ、アーティチョークを食べましたが、過去最高にウマいアーティチョークでした。

写真? そんなの撮ってる場合じゃないくらいおいしかったのヨ。

ワン&オンリーザパーム
さらにラグジュアリー度アップな「ワン&オンリー ザ・パーム」

とまあ、ホテルのレストラン巡りをするだけで、かなり楽しめるという趣向になってます。

で、食後。

「アラビアンコート」の「ルーフトップバー」が感じがよかったので、さらにおすすめしておきます。

はは…これも呑んじゃって写真撮ってないので、ホテルの画像です。

ワン&オンリーのバー
まさにこの席で呑みました©︎One&Only Royal Mirage

ドバイらしい、人工感満載ビーチ

ワン&オンリーのビーチ

このホテルのプライベートビーチ自体は、もとからビーチではありますが、なんでしょうこの人工感。

真後ろに高層ビルが迫ってくる感じは、ハワイのワイキキビーチとも、マイアミビーチともちと違う。

ビーチの幅が狭いのと、思いっきり整備されてるからか。

人工チックなドバイらしい、ビーチなのでした。

ちなみにプールは各棟にありますが、このビーチは「ザ・パレス」の前に開けてます。

思いっきり主観的評価

接客 ワタシの顔 親密でいて礼儀正しく、感じよさ抜群 
清潔感  ワタシの顔  お掃除GOODで、調度品その他新しい
安全
プライバシー
 ワタシの顔  セキュリティ万全・プライバシーも問題ナシ
料金 ワタシの顔 時期にもよるがコストパフォーマンス高い
レストラン  ワタシの顔ノーマルメガネ どこもおいしいが「ワン&オンリー ザ・パーム」のほうが印象的。朝食はビュッフェ+オーダー方式で、もう食べ放題よ!
客室  ワタシの顔  広さ45平方m〜・WiFiサクサク・インテリアNICE
雰囲気・客層  ワタシの顔 アラビックな雰囲気最高・団体客ナシ 
スパ  ワタシの顔ノーマルメガネ  本格的なハマムあり・良いスパだがスペシャルではない
 アクセス  驚き顔  空港・中心街までやや遠いのが残念

文句のつけどころはナイのですが、それではあまりに甘すぎるので、レストランとスパをGOODに、アクセスをイマイチにしました。

いずれも不満はないですが、ここだけって感じの特別感がないのと、ちょっと出かけるには便利ではないので。

ワタシ
まとめると
「ワン&オンリー ロイヤル・ミラージュ」はアラブの雰囲気たっぷりのホテルで、そのインテリアは真似したくなるほどお洒落。
で、3つの棟に分かれているけど、どこでもツーカーなサービスが受けられる。
そして、あちこち8ヶ所のレストランでゴハンが食べられる。
さらには、ドバイらしい人工感たっぷりなビーチが楽しめるので、ドバイで泊まるならココしかないでしょってことです
One & Only Royal Mirage(ワン&オンリー ロイヤルミラージュ)
Jameira Beach, Dubai, UAE
+971-4-399-9999
→ワン&オンリー ロイヤル・ミラージュ公式サイト
→ホテルの予約へ

スポンサーリンク

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

コメントを残す