【カナダでオーロラ】夏でもイエローナイフでなら、バッチリ見えた!

カナダのオーロラ
LINEで送る
Pocket

 

オーロラは、冬見るものだと思ってました。

そして、北極に近いほどよく見えるのだろうと思ってました。

でもナント!真冬の極寒を耐えることなく、夏のカナダで、美しいオーロラを満喫できるんです。

オーロラ鑑賞確率96%の街、イエローナイフ。

ミステリアスな天空のパフォーマンスを楽しみに出かけましょう。

スポンサーリンク

オーロラは、夏でも見える!

宇宙から見たオーロラ画像はNASAのサイトから

ワタシA
オーロラは、冬見るものというイメージが強いですが、一年中、朝でも昼でも発生してるんです

 

太陽の活動が活発であれば、オーロラは出現してるわけで、雲のない快晴、かつ空が暗ければ、いつでも見えます。

ワタシB
なんだよ。
じゃ、どこでも見えるんじゃないの
ワタシA
それはまた別。オーロラが出やすい場所というのがあるのよ。オーロラベルトって呼ばれてるエリアなんだけど

カナダのイエローナイフでよく見えるワケ

(メンドウな話がきらいな人は、この章の最後だけ読んでくださいネ)

とてもかんたんにいうと。

オーロラとは、太陽が放出するガスの粒子が、地球の大気にある酸素や窒素の電子と衝突して、発光するというもの。

で、この太陽ガスは、地球の磁極、つまり北極と南極に吸いこまれます。

だからオーロラは、北欧や北米だけでなく、南米などでも見られるというわけです。

上の左の画像は、スペースシャトルから見た地球上のオーロラ。

右の画像が「オーロラベルト」とも「オーロラオーバル」とも呼ばれるもので、太陽ガスの粒子が大気に接触する場所、

つまりオーロラが出現するところの画像です。

(いずれもNASAの画像)

で、このオーロラベルトは毎日、生きもののように太さや濃さが変化しますが、出現する位置はあまり変わりません。

ワタシA
だからこのオーロラベルトの真下にある、カナダやアラスカ、北欧で、オーロラがよく見えるというわけです。
とくにカナダの街、イエローナイフは直下。
とてもよく見ることができます

世界でいちばんオーロラが見えるカナダの街

湖面にも映るオーロラ

「オーロラベルト」直下にあるのがカナダのノースウェスト準州にある、イエローナイフという街。

ここ、オーロラ出現率96%とも、98%ともいわれてます。

ま、この出現率にはカラクリがあって、ちょこっと見えただけでもカウントされるので、毎晩毎晩、感動するほどのオーロラが見えるわけではないのだそうです。

ただ、ここイエローナイフは晴天率が高いので、いちお、世界でいちばんオーロラが見えるといってよいと思われます。

なにより夏、見ることができるので。

ワタシB
でもさ、北欧もオーロラベルトってのの下にあたるんでしょ。
カナダじゃなくてもいいんじゃないの
ワタシA
北欧の夏はなんといっても白夜が長いのよ。
カナダのイエローナイフでも6〜7月は白夜になるけれど、北欧にくらべると短いから、夏のオーロラを楽しむのにぴったりなの

 

夏のオーロラのメリットは、寒くないだけじゃない

湖面にも映るオーロラ

夏に楽しむオーロラの最大のメリットは、寒くない!

ではあるけれど、さすがに極北。

8〜9月といえど、深夜はけっこう冷えこむので、最低でもウィンドーブレイカーは必要です。

とはいえ、真冬のイエローナイフは、マイナス30度もざらなわけで、こうなると専用の防寒具がないと無理。

とてもダウンジャケットレベルじゃ耐えられません。

そしてやはりシンドイ。

だから軽装でオーロラが楽しめる夏は、かなり楽です。

さらに、夏のオーロラの楽しみをあげると、湖面に映りこんだ〝逆さオーロラ〟を見ることができます!

冬だと湖は凍っちゃうので。

これは、夏だけのオーロラです。

くわえて、写真を撮る人に嬉しいのが、バッテリーが長持ちすること。

寒さの厳しい冬場は、バッテリーの消耗が激しくて、撮影もままなりません。

一眼レフのカメラのバッテリーで、30分くらいしかもたないそうです。

夏のオーロラのメリット:

  1. 軽装で楽しめる
  2. 湖面に映る〝逆さオーロラ〟が見られる
  3. カメラのバッテリーが長持ちする

カナダの街イエローナイフの弱点は?

港に出現したオーロラ

と、オーロラを見るなら、夏のカナダ、イエローナイフが最高! とは思いますが、残念ながらいいことづくめではありません。

街から30分ほど車を走らせた郊外でないと、なかなか感動的なオーロラを見ることができません。

とはいえ、オーロラ出現レベルによっては、上の画像のように街の湊で見れちゃったりもします。

そして、21時を過ぎないと空が明るすぎるので、オーロラは見えません。

最高潮に達するのが24時を回ってから。

だから、夜が弱い人はキツイかも。

でも日本との時差が、夏時間でマイナス14時間。

イエローナイフの真夜中が、日本の夕方になるので、長めの昼寝をしておけばよさそうです。

イエローナイフの景色

あと、オーロラ以外、ほとんど何もありません。

ここの空港に降り立つと、ほんと極北の感じがひしひしと伝わってきます。

まさしく〝最果て〟のイメージ。

街といっても、10分も歩けば繁華街の端に着くスケール。

でもこの最果て感、ワタシはけっこう好きでした。

北海道の大自然より、もっと裏さびれた雰囲気を醸し出しているのは、厳冬のため、細くしか育たない針葉樹のせいかなとも思いました。

唯一のウリは、このノースウエスト準州で採掘されるダイヤモンドが買えることです。

アフリカ産のブラッドダイヤモンド(紛争ダイヤ)はイメージがよろしくないですが、

このカナダ産ダイヤはクオリティも高く、ダイヤで有名なハリー・ウィンストンにも使われています。

値段も市価にくらべたら、安い! とはいってもダイヤですから…ね。

 

ダイヤを買えないワタシは、夏場しかやらない週末マーケットで、珍しい樺の木のシロップ(8カナダドル=約600円)というのをゲットしました。

クセがなくておいしかったです。

カナダのイエローナイフの夏オーロラの弱点:

  1. 街から少し離れないと見れない
  2. 夜遅くでないと見れない
  3. オーロラ以外の楽しみがほとんどない

イエローナイフはカナダのどこ? 

カナダ、トナカイのステーキ
トナカイのステーキ、意外にクセがありません

と、イエローナイフですが、まずここはどこかというと…

カナダのセンター上部。日本からだとカルガリーまで飛んで(約9時間20分)そこからイエローナイフまで約2時間のフライト。

これが最短ですが、もちろんバンクーバーなどからも乗り継いで行けます。

ホテルももちろんありますが、超ゴージャスとはいかず、3つ星ホテルが3軒。

街いちばんのホテルがビジネスホテルの豪華版くらいにイメージすれば間違いありません。

ワタシはThe Explorer Hotel(ザ・エクスプローラーホテル)に泊まりましたが、居心地はいいしサービスも悪くなかったです。

レストランもあるので(混んでいるので要予約)、4つ星でもいいんじゃないかナと思うレベルでした。

料金は時期にもよるでしょうが、約145カナダドル(11,000円くらい)。

スポンサーリンク

夏のオーロラを見るためには

オーロラヴィレッジのテント

で、重要なのが、どこで、どうやってオーロラを見るかです。

レンタカーを借りて街から離れることもできますが…これは、ちょっと無謀かも。

オーロラのよく出るポイントも知ってないと意味ないし…なにしろ極北、なんかあったらヤバイです。

いちばん優雅にオーロラが楽しめるのはオーロラビレッジ

 

トナカイのステーキ(45カナダドル)なぞが食べられるレストランがあり、ティーピーと呼ぶテントで、オーロラ出現までの時間、暖をとったりお茶したりできます。

ゆったり天空を眺められる椅子もあるので、首が痛くならずに済みます。
(ちなみに冬場は防寒具一式貸してくれます)

ここはホテルとのパッケージプランを出していて、ちなみにザ・エクスプローラーホテル泊だと2人部屋で、655カナダドル(約5万4000円)。

3泊の宿泊代とオーロラ観賞3回、空港送迎などがふくまれて、至れりつくせりなことを考えると、アリな値段かなと思います(2017.8.12〜2017.10.12の夏料金/2018年の料金は未定)。

 

ちなみにトリップアドバイザーで人気の「North Star Adventures(ノーススター・アドベンチャー)」のツアーを見ると、

「オーロラハンティング・ツアー」として、4〜8名までのツアーが1人109カナダドル(約9,500円)。

市内〜オーロラ観賞ポイントまでを送迎してくれます。

ホテルは自分で予約して、いろいろなところに移動しながらオーロラを眺めるには、いいのかもしれません。

日本からのツアーなどふくめて、選択肢はいろいろあるので、要検討でありましょう。

オーロラビレッジのサイト(日本語アリ)
ノーススター・アドベンチャーのサイト

スポンサーリンク

オーロラの見え方

紫色のオーロラ

オーロラの色は、酸素が発光する赤と緑。

窒素が発光するピンクや紫があります。

で、ピンクや紫はかなりのレベルのオーロラが発生しないと、なかなか見ることができません。

オーロラの見え方はレベル分けされていて

レベル1 霧や霞と見分けのつかないレベル
レベル2 肉眼では白い雲にしか見えず、カメラで撮影するとグリーンに写る
レベル3 ちょっとぼんやりしているが、肉眼でもオーロラと分かる
レベル4 くっきりと鮮やかに見え、動きも追えるレベル
レベル5 ピンクや紫のオーロラも見え、動きも早い
爆発 超絶レベルのものすごいオーロラ。レベル6という人もいる

夏のオーロラのまとめ

オーロラは夏でも見ることができ、晴天率の高い、カナダのイエローナイフがおすすめというご紹介をしました。

夏のオーロラのメリットは、軽装で済み、湖面に映る〝逆さオーロラ〟が見れ、さらにはカメラのバッテリーが長持ちすること。

イエローナイフでの夏オーロラの弱点は、郊外に行かなきゃいけないのと、夜半がオーロラ最高潮になること、そしてオーロラ以外の楽しみがほとんどないことです。

イエローナイフは最果て感の強い街ですが、オーロラを観賞するには最適。

ワタシは8月末に行きましたが、レベル5のピンクや紫のオーロラを2日続けて見ることができました。

一度はオーロラを見たい!と思っている人は、ぜひ、計画してみてください。

 

人生で一度は見たいものがオーロラなら、行きたい場所はマチュピチュでは?

コチラの記事はいかがでしょう?→【マチュピチュ旅行記】遺跡のナニがスゴいか探検してみた【見どころ完全版】

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す