どうせパドヴァのホテルに泊まるなら、伯爵の館へ

LINEで送る
Pocket

 

パドヴァはヴェネツィアから近いですが、それなりに素敵なホテルが揃ってます。

が、どうせ泊まるなら、さらに足をのばして伯爵邸のヴィラに宿泊するのも魅力的。

ヴェネツィア〜パドヴァを結ぶプレンタ川沿いのヴィラも素晴らしいし、ここ、パドヴァの西約15kmにある「ヴィラ・エモ=カポディリスタ」もおすすめです。

伯爵の領地にある、16世紀に建てられたハンティング・ロッジで、ルネサンス様式の建物はフレスコ画で埋め尽くされたお屋敷です。

ここでは中世からワインを造っていて、広大なワイン畑も隣接しています。

ロバート・パーカーの高い評価を受けたこともあって、なかなかの美味。

おみやげに買うこともできます。

ただ、ご紹介しておいてナンですが…

こちら、週末だけの、しかも1棟貸し。

朝食の支度や身の回りの世話をしてくれる夫婦がついてくれますが、18,000ユーロのお値段です。

7室分で割ってもナカナカではありますね。

パドヴァの伯爵邸

でも、アキラメてはいけません。

伯爵の住まいの一室である「将軍の間」にも泊まることができて、こちらは1泊240ユーロ。

この部屋はヴィラより現実感があって、いまでも誰かが使っていそうな雰囲気あり。

 

伯爵と同じ屋根の下で過ごす一夜なんてのも悪くない経験かもしれません。

 

ヴィラは15人揃えばガイドツアーをしてくれるので、それで見学すればヨシと考えることも。

さらには、敷地内に農家風のコテージが5棟建っていて、そちらにも宿泊可能。

こちらはいちばん小さいコテージで2ベッド、ローシーズンで200ユーロなりのお値段です。

 

伯爵の敷地、ラ・モンテッキアについてのサイト内に、宿泊の案内もあるので、ご覧あれ。

ラ・モンテッキアのサイトへ

ここに泊まるメリットが、近くにあるレストランですが…これについては→三ツ星レストランのピザ!を北イタリアで食べてみた

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す