【シチリア名物】お土産なら、食パンみたいなラグザーノチーズがおすすめ

ラグザーノチーズ
LINEで送る
Pocket

 

シチリア、島の南東にあるラグーザは、シチリアで必ず食べなきゃの店でも紹介したように、地味だけどとてもグルメな街。

世界遺産の街のひとつでもありますが、今回は名物のチーズを買いに行きます。

この「ラグザーノチーズ」がキュートな形で、クセのないおいしさ!

ぜひ、お土産に買って帰ってください。

スポンサーリンク

シチリア名物のチーズは、こんな街から生まれる

ラグーザの街並み

ラグーザの旧市街にある大聖堂(ドゥオモ)です。

美しくもぐるぐる巻き装飾のバロック建築で、なかなかエレガントな観光名所。

このバロック建築、界隈にたくさん残っていて、世界遺産に指定されてます。

ラグーザの街の風景

で、ラグーザの街は、シチリアの南東を走るイブレイ山地のふたつの丘にあります。

それぞれの丘に、旧市街と新市街がひょうたん型にならんでて、新市街のほうがちょっと高いロケーション。

新市街から旧市街を眺めると、こんな感じで見下ろせます。

緑に囲まれてて、のどか。

穏やかないい街です。

こんな環境でつくられてるのが、「ラグザーノチーズ」であります。

名物ラグザーノチーズは、希少価値の高い伝統チーズ

イタリアンチーズの看板ちょうど、旧市街を歩いていたら、こんな便利なものがあったのでパチリ。

ラグーザとシチリアの特産チーズが紹介されてます。

1段めの食パンみたいな2本が「ラグザーノチーズ」。

3段めにも食パンみたいなのがあって、〝ジピッポというブドウを飲ませた〟とあるんですが、ちょっと不明です。

1段めの右のチーズには「ラグザーノDOP」と書いてあります。

ワタシA
DOPとは、「原産地名称保護制度」指定のことです。
ざっくりいうと「関サバ」という名称に政府のお墨つきを与えるみたいな感じ

 

シチリアでDOP指定を受けてるチーズは「ペコリアーノ・シチリアーノ」と、この「ラグザーノチーズ」だけです。

で、さらに。

「ラグザーノチーズ」は、スローフード協会の「プレシディオ」(希少で地域の活性化になると思われるもの)の認定も受けてます。

このままだと無くなってしまう恐れのある、地方の食材や料理を〝味の箱舟〟に選んで守ろうってことなんですが、DOPチーズでは「ラグザーノチーズ」だけが選ばれてるんです。

それほどにして守るほど、おいしいチーズということでありますね。

もう1本の左のチーズに関しては、このあと説明します。

お土産にもおすすめな、ちょっと塩味なチーズ

ラグザーノチーズ「ラグザーノチーズ」の熟成家として知られる、アンジェロ・ディ・パスクアーレさんのお店に行ってみます。

ラグーザのチーズ職人
アンジェロさんの名前、訳すと天使さん

新市街にある「ディパスクアーレ・フォルマッジョ」。

このお店の「ラグザーノチーズ」は受賞歴もあり、店内にはさまざまなチーズやハム、サラミなどの食肉加工品もならんでます。

上の写真が「ラグザーノチーズ」ですが、形だけでなく、大きさもほぼ食パンサイズ。

でも重さは1本、約16キロもあります。

昔、船でアメリカに輸出していたときに、積みこみやすいようにこの直方体の形になったんだとか。

牛乳からつくる「ラグザーノチーズ」はクセがなく、塩味なので日本人にもなじみやすいです。

しっとりはしてますが、クリーミィではないです。

お店でカットして真空パックしてもらえるので、もちろん日本にも持って帰れます。

ちなみにお値段、1キロ約14ユーロ(約1,700円)。

検索したところ、日本では100グラム980円の値段がついていたので、9,800円しますね。

スポンサーリンク

シチリア名物はこうしてつくられる

ラグザーノチーズ醸造庫

アンジェロさんに「ラグザーノチーズ」を熟成しているセラーに、連れて行ってもらいました。

もともと、おいしい「ラグザーノチーズ」は、地元イブレイ山に放牧されて、100種以上のハーブを食べて育つ牛、モディカーナ種の乳からつくられたのだそう。

ところが、このモディカーナ種、乳量が少ないんですね。

そこで乳量の多い牛からつくるのが主流になってしまったそうで、このモディカーナ種、いまや100頭弱くらいしかいないのだとか。

なので、現在売られている「ラグザーノチーズ」には、100%モディカーナ乳のものと、何種類かの牛乳からつくったものがあるというわけです。

旧市街で見かけたチーズの写真の左にあったのが、100%モディカーナ乳でつくられた「ラグザーノチーズ」だったんです。

チーズは約100日間、セラーで寝かせて育てます。

アンジェロさんいわく、とにかく自然の環境がいちばん!

夏場少しだけ冷蔵庫に入れたりもするそうですが、自然の温度と湿度、そしてハーブの薫る風が、おいしいチーズを育てるってことなんですって。

日持ちするから、シチリアのお土産におすすめできる

ラグーザのチーズ店「ラグザーノチーズ」は塩気があるので、チェリートマトのジャムとか、オレンジとシナモンのジャムが合うと、アンジェロさんが教えてくれました。

この10年、チーズにジャムやフルーツのコンフィ(砂糖漬け)を合わせるのが、世界的な人気です。

もっともこの食べ方はかなり昔からあったらしいですが…。

が、たしかに塩味と甘みは相性がよろしくってヨ。

塩キャラメルしかり。

ワインなら、がっつり系のネロ・ダーボラ(シチリア原産の赤ワインのブドウ品種)がおすすめだそう。

保存期間も、パックのままなら半年もつそうで、開けてからでも、紙や布を巻いて冷蔵庫に入れておけば、1ヶ月はもつというお土産最適チーズです。

「風味が薄れるから、ほんとは冷蔵庫には入れたくないんだけどね〜」って、アンジェロさんはいってましたが。

冬場、風通しのいい場所に置くなら、日本でも冷蔵庫に入れなくても大丈夫かなぁ?

これはちょっとわかりません。

味はやや無骨系の塩味。

がっつりシチリア男な感じですかね。

でも、クセになって、食べる手がとまりません。

セミ・ハードなラグザーノチーズは、買って帰って損はないですよ。
シチリアへ行く

Dipasquale Formaggi(ディパスクアーレ・フォルマッジョ)
Corso Italia 387, Ragusa, Sicilia
お店のサイトへ
営業時間 8:00〜13:30・16:30〜20:00
水曜休み
*営業時間や休日、料金は変更になる可能性があります

ラグーザは、国際空港のあるカターニャからだとバスで2時間弱。
ライアン・エアが就航するコミゾ空港という、ラグーザ郊外の小さな空港もあります(ローマ、ミラノともに1日1便)

 

*シチリアはとくに昔ながらの土地柄、コミュニケーションに困ったら→イタリア旅行。言葉に困ったら、マンマがゲット・アングリーで乗り切る!を思い出してみてください。

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved

LINEで送る
Pocket

コメントを残す