オーストリア料理のおうちで食事【お取り寄せ】

ウィーンのオペラ劇場の画像
LINEで送る
Pocket

海外に行きたすぎて「食への欲求が旅への欲望ともにやって来る」状態です。

今回はオーストリアのコンソメスープ「リンドスッペ」が飲みたくなりました。

東京「銀座ハプスブルク・ファイルヒェン」からのお取り寄せ。

いっしょに白ソーセージとサワークラウト、パンも取り寄せてみました。

ウィンナ・シュニッツェルも食べたかったのですが、時期によってメニューが変わるようで今回はナシ。

まずはスープから!

オーストリア料理のスープといえばの!

リンドスッペの画像
ウィーンのカフェで食べたリンドスッペ

急に恋しくなったスープ「リンドスッペ」は、ウィーンの伝統的なビーフスープ。

コンソメですね。

国内でもっとも人気があり、オーストリア中で食べられてます。

牛の骨だけをコトコト長時間煮出してつくるスープ。

具には、クレープ状の薄い小麦麺「フリッターテン」の入ってるのが一般的で、ほかレバー餃子や肉野菜の角切りを入れるところもあるそうな。

お取り寄せのリンドスッペの画像

「銀座ハプスブルク・ファイルヒェン」のフリッターテンはとても細かったです。

たくさん付いてきましたが、沈んでしまってよく見えずすみません!

スープの味も薄味で上品。

さすがの〝ハプスブルク〟です。

2人分のリンドスッペにフリッターテンが付いて2,800円。

バイエルンからの白ソーセージが美味だわ

ホワイトソーセージの画像

オーストリアはヨーロッパの真ん中。

8ヵ国に囲まれる内陸の国です。

だからオーストリア料理もいろいろな国の影響を受けてますが、オーストリア基盤のハプスブルク家が広くヨーロッパを支配していたことがそもそも。

今回取り寄せた「白ソーセージ」はもちろん、ドイツ・バイエルンから来ました。

白ソーセージは傷みやすいので、朝つくって昼前までに食べるといわれるほど。

もちろんお取り寄せの白ソーセージは夜食べても大丈夫です。

上品な味で、いっしょに付いてたサワークラウトも細くてとても繊細。

やっぱり〝ハプスブルク〟な味でした。

ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)3本にサワークラウトがたっぷり付いて2,900円。

びっくり、おいしいオーストリアの塩パン

オーストリアの塩パンの画像

今回のお取り寄せで正直驚いたのが、パンのおいしさでした。

「カイザーセンメル」。

皇帝のお墨付きのパンは、オーストリアで日常的に食べられてるパンだそうです。

知らなかった…

で、このパン、正式にオーストリア政府によって〝オーストリア料理〟として認可されてるとか。

起源は諸説あるようですが、いや、おいしいの何のって。

外側カリッと香ばしく、中モッチリで塩味きく。

びっくりのおいしさでした。

何気に取り寄せたパンでしたが、大当たりでした。

6個入りで1,320円。

東京・銀座のオーストリア料理

宅急便で届いたオーストリア料理の画像
クール宅急便で届いたオーストリア料理

今回のお取り寄せは「銀座ハプスブルク・ファイルヒェン」。

お店にうかがったことはないのですが、お料理、とても上品な味つけでした。

パッケージも〝ハプスブルク〟な雰囲気でしたし、各料理に食べ方付きで送られてきます。

この食べ方はサイトにも書いてありますが、実際食べるときにわざわざ調べなくて済むので助かりました。

料理と届いたレシピの画像

「銀座ハプスブルク・ファイルヒェン」のお取り寄せは充実していて、お菓子ふくめ30種類以上。

ギフトパッケージもあります。

次回は「バイシンケン(ボンレスハム)」と「ケーゼトルテ(チーズケーキ)」を取り寄せてみようかなと。

>>銀座ハプスブルク・ファイルヒェン

記事はトラベルジャーナリストの大沢さつきが書いています >>詳しいプロフィールはコチラ

 

Copyright © tabi-travell.com All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください